くつやのねこ

  • BL出版
3.83
  • (29)
  • (49)
  • (43)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 340
レビュー : 54
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776404149

作品紹介・あらすじ

あるところに、貧しいくつやがいっぴきのねことくらしていました。お客がさっぱりこず、とほうにくれるくつやに、ねこはよいかんがえがあるというのですが…。愛らしい猫が、どんなことを考えついたのでしょう。民話「長靴をはいた猫」を新しくアレンジしたお話です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 店を閉めようとしている飼い主の貧しいくつやの為にねこは恐ろしい魔物に会いに行くことを決意する。素敵な長ぐつを履いていざ出陣!ねこは魔物と会ってどうするつもりなのだろうか…?
    こういう誰かの為に頑張る話っていいな。しかもこんな小さくて可愛いねこちゃんなら滅茶苦茶応援したくなる♪
    ねこのくるくる変わる表情がいい。真剣な顔、決意の顔、企んでる顔、ガン見顔…。
    魔物のこと怖かったよね。大きなけものを見た時のねこのしっぽ!
    お疲れさま、ゆっくりやすんでね。可愛い寝顔に癒される。愛と知恵と勇気がもらえる絵本。

  • 表紙の絵に一目惚れして、手に入れた本。
    輪郭線がかすかに残っている他は、色鉛筆で丹念に淡い色彩で塗りつぶしてある。
    暗くもなく、明るくもなく、猫の表情が変わる以外は、猫の飼い主である「くつや」の顔は
    どこも後ろ向きで、かといって、それぞれのページには蛾やカラスや小さな花、綿のような雲が
    細かに描き込まれている。そして文字数はごく少ない。
    なんと不思議で繊細で、神秘的な世界なのだろう。

    ペローの『長靴をはいたねこ』へのオマージュを込めたアレンジ作品だというが、これはこれで完成している。
    怪しい魔物のいる城、その魔物と猫との知恵のかけひき、そしてハッピーエンドの前にはやや衝撃的な一ページがある。
    たった2行の文字の下に広がる、小さな鮮血のあと。
    ここで思わず息をのんで、大団円に繋がっていく。

    いまいあやのさんは、2003年から連続で5回、ボローニャ国際絵本原画展に入選しているという。
    その実力も確かなものだが、絵本の織りなす美しい世界に、ひとりでも多くの方に浸っていただけたら、
    ナンテ思うのであります。
    猫好きなワタクシからのひと言は「やっぱり猫って賢いわぁ!」。

    • 円軌道の外さん
      nejidonさん、こんにちわ!
      いいねポチに感謝感激ッス!
      小躍りしてしまうくらい喜んでおります!
      (勢い余って、朝からクイックルワ...
      nejidonさん、こんにちわ!
      いいねポチに感謝感激ッス!
      小躍りしてしまうくらい喜んでおります!
      (勢い余って、朝からクイックルワイパーをマイクスタンドに見立てて、
      ワンマンショーしてしまいました汗)

      いやぁ~、素敵過ぎるnejidonさんの本棚に触れると、
      たくさんの的を得たレビューの数々に、
      (そしnejidonさんの『好き』が伝わるレビューに)
      いつも時間を忘れて読みふけってしまいます。

      まるで物語を読んでるかのように
      す~っと、心に入ってくる読みやすさと分かりやすさと(鋭い切り口も)
      ユーモアを交えたあたたかなまなざしも
      nejidonさんのレビューに惹き付けられる秘密だと僕は勝手に思ってます(笑)


      そして今日はこの本に決めました!(笑)

      これ、僕もnejidonさんと同じく、
      表紙の可愛い絵柄と美しい淡い色合いに惹き付けられて
      衝動買いした絵本です♪

      今井彩乃さんは、発表当時はまだ新人の作家だったそうだけど、
      可愛いタッチの絵柄なのに
      どこか陰りが感じられて、毒気もあって、
      幻想的で独特な世界観に強く惹き付けられました。

      nejidonさんの言うように
      神秘的で美しい絵柄を眺めるだけでも充分に価値がある絵本だと思うし、
      もっともっとたくさんの人に読まれるべき絵本ですよね。

      おおーっ!
      確かに猫ってかしこいッス!

      変わっていく景色を見逃さないようにと声をかけてくれたり、
      星の王子さまのように
      いちばん大切なことは目には見えないってことを気付かせてくれたり、
      僕も彼らから教えられることってたくさんありました。

      普段は、わざわざ読んでる新聞の上に
      スフィンクス座りして邪魔をしたり(笑)、
      (ぽってり体型だったので、新聞なんてまったく何も見えなくなります笑)

      メタボだったのに壁を垂直にかけ上がって、
      スチールラックの上から僕の背中めがけてダイブしたり(驚)、

      マジで死にます!

      ホンマ、やんちゃ坊主やったんスけどね…(汗)


      てか、また油断したら
      長々ととりとめのないことを書いてました!(>_<)

      ということで、
      今週末から来週にかけては
      最強の寒波到来とのことなので、
      風邪など引かぬようお身体ご自愛くださいませ。

      また遊びに来ます!(笑)
      2018/01/20
    • nejidonさん
      円軌道の外さん、こんにちは(^^♪
      コメントありがとうございます。
      ワンマンショーが間近で見られなくて、まことに残念です・笑

      いえ...
      円軌道の外さん、こんにちは(^^♪
      コメントありがとうございます。
      ワンマンショーが間近で見られなくて、まことに残念です・笑

      いえいえ、そんな・・褒めすぎですよ。
      円軌道の外さんの叙情性を、少しは分けていただきたいくらいです。
      レビューは苦ではないのですが、感想なのか書評なのか、もう自分でも分かりません。
      書き方を学んだわけではないので、仕方がないのですけどね。
      とりあえずは、ここでご紹介させていただいた本を、おひとりでも「読んでみたい」と思って
      くだされば本当に嬉しいです。

      ところで「いまいあやのさん」のこの本、買われたのですね!!わぁお、お揃いです!
      この本には苦い思い出があって、「長靴をはいた猫」のオマージュ作品ですと言って読み出したら、
      なんとなんと、殆どの子どもたちは「長靴をはいた猫」を知りませんでした。
      そのことに限らず、驚くほど昔話を知らないのです。
      これは、大人の責任大ですよねぇ。
      で、来月の2月22日は「にゃん・にゃん・にゃん」の日なので(笑)まず「長靴をはいた猫」の素話をして、
      それからこちらを読もうかと。それならOKですよね?

      猫のエピソードなら、私もてんこ盛りですよ・笑
      そちらの子ほどやんちゃではありませんが、本が一冊書けるくらいです。
      でも確か円軌道の外さんの猫ちゃんは、亡くなったのですよね。
      それでは、(と言うほどでもないかもしれませんが)カテゴリーから入っていただくと「猫もの」というのがありますので
      その中から「ねこのき」をおすすめします。
      愛猫を亡くした友人には、いつもこちらを贈っています。
      もしすでにお読みでしたらごめんなさいね。

      それではまた。楽しい作品に出会いましたら
      ぜひご紹介ください。

      2018/01/21
  • 貧しいくつ職人とねこが暮らしていました。職人はすばらしいくつを作ることができましたが、貧しさから店をたたむといいます。そこで、ねこはある名案を思いつき職人に店一番のくつをつくってもらうことに・・・。

    民話「ながぐつをはいたねこ」をアレンジした作品。
    やわらかいタッチで描かれ、猫の表情も愛らしい絵本です。

  • めちゃめちゃスタイリッシュ

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「めちゃめちゃスタイリッシュ」
      ホント、とっても素敵ですよね!
      「めちゃめちゃスタイリッシュ」
      ホント、とっても素敵ですよね!
      2012/05/14
  • あぁ。もう ピンクほっぺがあると なんでもかわいく見えてしまう。
    この猫の顔だけで ☆5つにしてしまうという。
    とっても キュートで うっとり。
    やさしくて あわい色合いも タッチもすきだな。


    読み終わったあとに 裏表紙を見たら
    ここにすべてが 集約されているのねって かんじ。

    長靴をはいた猫と かぶっていると思ったら
    アレンジ版だったのね。

  • 地元の図書館で面陳になってて絵が可愛かったので手に取りました。終始アンニュイな表情の猫でした。
    最後の絵が怖くて気に入ったので、母に話したら、「それ長靴をはいた猫じゃん」って・・・えええ読んだことなかったから知らなかった・・・無知を恥じた・・・

  • イラストの可愛らしさと、お洒落なデザインがページを捲るたびにわくわくさせてくれます。
    猫の知恵に乗せられた魔物の最期が呆気なくて可愛らしく感じました。
    とにかくイラストに惚れました。

  • いまいさんが描くねこが本当にねこらしいです。そして愛らしい。
    民話「長靴をはいた猫」を新しくアレンジしたお話だそうですが、民話を知りませんでしたが、いまいさんの絵本を始めに読めてよかったと思っています。ラストはちょっぴし怖いですが、絵に吸い込めれる絵本でした。

  • 家の近くの靴屋さんに はじめて行ったら、
    待っている間に そこのおじいさんから渡された。

    この人の絵、すごく好き!
    何で今まで知らなかったんだろう っていうぐらい*

    今度、本屋で見つけたら 連れて帰っちゃうかも!
    そして、その靴屋さんも すごく丁寧で良かったー*

  • 2011年12月11日

    <PUSS & BOOTS>
      
    作/今井彩乃

全54件中 1 - 10件を表示

いまいあやのの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湯本 香樹実
蜂飼 耳
ショーン・タン
小川 未明
ビバリー ドノフ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする