ベーメルマンス マドレーヌの作者の絵と生涯

  • BL出版
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (151ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776404422

作品紹介・あらすじ

「マドレーヌ」シリーズの作者として知られる、ルドウィッヒ・ベーメルマンス。「芸術」を愛し、「生きること」を愛したその波乱万丈な生涯を、写真や絵、エッセイなどをふんだんに掲載しながら紹介する。「マドレーヌ」誕生秘話も収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • マドレーヌちゃんシリーズ絵本を検索していて、祖父のルードヴィヒが作ったシリーズを、かなりの時間をおいて孫息子が引き継いだことを知った。

    検索の過程で「祖父は16歳でたったひとりで米国に渡った」というくだりにひっかかって、孫息子による祖父のまとめ本に出会う。

    ルードヴィヒさん、なんだって16歳で単身渡米?
    なんだか無茶苦茶な生育歴で、2歳のときにチロルでホテル業を営んでいた両親が離婚。
    理由は、父親の浮気で浮気相手は妊娠中。
    忙しい両親のかわりにルードヴィヒさんの面倒を見ていた家庭教師も父親に孕まされてて、彼女は自殺しちゃったらしい。
    ほんでもって、母親とともに母方の実家ーーホテル業を手広くやっているーーに移ったんだが、そもそも、父親は祖母のオトコだったとかで .........
    ルードヴィヒさんは、まぁとにかく、手のつけられない悪ガキでどうにもならなくて、ドイツの矯正施設かアメリカ送りの二択 ってことになったらしい。
    はぁ.........

    絵本だけじゃなく、大人の本はもちろん、風刺画や雑誌のコラム、映画の脚本などなどあらゆる分野で活躍したらしいが、渡米して最初の仕事はリッツカールトンのボーイ。
    祖父母のご推薦ですね。
    リッツでは15年ほど働いたらしい。
    そこでの人間観察がいろんな作品の土台になっている、ということらしい。

    ルードヴィヒさん自身も、最初の奥さんとは離婚しているが、チロルの母親はもちろん、父親の面倒も見たらしい。
    実弟も米国に呼んだのだが、彼はそこになじめないうちに事故でなくなっている。
    なんにせよ、あまり良い家庭環境でないのに、がんばって生き延びた方なのですね。。。

全1件中 1 - 1件を表示

ジョン・ベーメルマンスマルシアーノの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×