王国のない王女のおはなし

制作 : サラ ギブ  Ursula Jones  Sarah Gibb  石井 睦美 
  • BL出版
3.82
  • (9)
  • (11)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 96
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776404897

作品紹介・あらすじ

そのむかし、王国のない王女がいました。プリティという名の子馬と、子馬のひく荷台しか持たない王女は、王国をさがす旅をしています…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 少女を喜ばせるだけに書いたんじゃないか

  • 絵がとっても素晴らしく夢のようにキレイ♪女の子が憧れるおとぎ話にピッタリです。この王女様が求めている王国と言うのは多分“しっかりとした生活基盤”ということよね?身の丈にあった相手に恵まれて幸せに度を続けるわけだけれど、自分的にはもっと華々しいラストが好みだなぁ。人それぞれの幸せをとやかく言うつもりは無いけれど^^;足るを知るって事?w

  • 表紙をみてなんという細かさー!と
    手に取りました。
    中も隅々までかわいい。
    お話もかわいらしくて、
    いいな、すてきだなーって。
    すきですー

  • とってもかわいらしい装丁に思わず手にとってしまいました。
    ストーリーもさることながら、絵もとてもかわいらしい。
    王女もかわいければ王女の馬プリティも名前どおりの可愛らしさ。
    甘いお菓子を食べたような読後感です。

  • 絵はきれい

  • ストーリーを見事に描ききっている細やかなイラストが魅力的な絵本。
    女優さんが書いているからなのか、ロマンチック・コメディの映画のようなお話だ。

    浮世離れた設定なのに、妙に生活感のある王女が好き。新聞を読みに図書館へ行くのも地味にポイント高い(笑)。

  • この絵がなんともチャーミング

  •  お金のない〜の方を先に読んだからか、そちらの衝撃が大きくて、こちらは少し耐性ができてしまって、斬新感はなかったかな、と。でも、影絵は相変わらず美しくて、眺めて楽しめました。

  • 表紙の絵がステキで 借りてきた 絵本。なんか 奥が深い内容だった。

  • 影絵のようなイラストがとてもきれいな絵本。

全18件中 1 - 10件を表示

プロフィール

ダイアナ・ウィン・ジョーンズの妹。女優・作家。文章を担当した絵本「魔女の子どもたち(未訳)」でネスレ賞金賞を受賞するなど、子どもの本の分野でも高い評価を受けている

アーシュラ・ジョーンズの作品

ツイートする