イソップ物語―13のおはなし

  • BL出版
4.00
  • (9)
  • (11)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 101
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776405481

作品紹介・あらすじ

美しい色づかい、ユニークな造形-今、注目の絵本作家いまいあやのがイソップ物語から13話をセレクトし、イマジネーション豊かにえがきました。さあ、あたらしいイソップの世界の幕開けです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 知っている話が多いのに、絵のお陰か、なんだか新鮮な気持ちで読めました。タテ開きだったのも新鮮で良かったです。

  • 変則的とも言えるタテ開きを採用し、見開きごとに一話完結という形で13の物語を演出している。
    絵が独創的な美しさをもっているからか、知っている話ばかりなのにどこか違った印象を受けてしまうのが楽しい。
    隅に書かれた小さな絵もなかなか意味ありげで見入ってしまう。

  • 2015.6.5

  • イソップ物語の13のおはなしが収録されています。
    13にしたのは何か意味があるのでしょうか・・・
    縦開きの絵本なのも珍しい。

    1つのお話は1ページにギュッと凝縮されていて絵も印象的な場面のみ。
    でも、じっと見入ってしまう独特の雰囲気を持つ繊細で素敵な絵でした。

    『ウサギとカメ』『キツネとブドウ』はおなじみでしたが、『オンドリと宝石』『ネコとトリたち』『泉のほとりのシカ』は初めて読みました。

  • カレンダーのような見開き1ページ1~2話収録。
    いっそカレンダーで子ども部屋やトイレに掛けられたらいいのに^^

  • イソップ物語13編。
    見開き1ページに1話。カレンダーのように、背を上に開いていきます。どれも流石に美しいイラスト。文もシンプルでいい。

    「オンドリと宝石」「子ヤギとオオカミ」「ウシとカエル」「キツネとコウノトリ」「ライオンとネズミ」「ウサギとカメ」「ネコとトリたち」「イヌとその影」「みえっぱりのカラス」「カラスとハトたち」「キツネとブドウ」「まちのネズミといなかのネズミ」「泉のほとりのシカ」収録

  • 念願の今井さんの新作、本屋で見つけて早速買いました。

    今まで聞きなれていたイソップ寓話の作品ですが、
    今井さんの絵があることによって
    また、違う発想も生まれてくるなと思いました。
    大人にも良い刺激になるのではないかなと思います。

  • ほんと素敵な絵にいつも
    うっとりうっとりします…!

  • ボローニャ国際絵本原画展②

    イソップ物語を13話収録した絵本。
    見開きで1つの話、という簡潔な構成。
    そして絵が美しい。
    動物たちが生き生きと描かれていて、私好みであった。

  • 『くつやのねこ』のいまいあやのさんなので、なんとなく用心しながら本を開いた。横びらきではなく縦(カレンダーのように)が新しい。

全11件中 1 - 10件を表示

いまいあやのの作品

ツイートする