しましまとぽちぽち

制作 : Dahlov Ipcar  やました はるお 
  • BL出版
3.47
  • (3)
  • (3)
  • (8)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (43ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776405948

作品紹介・あらすじ

しましまトラのあかちゃんは、しましまのえものをさがします。ぽちぽちヒョウのあかちゃんは、ぽちぽちのえものをさがします。ふたりがすぐにたべられそうなごちそうは、どこかなどこかな。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • トラとひょうの子供達のお話。動物達が魅力的に描かれて、迫力が伝わってくる。たくさんの色を使っていないのに、とてもカラフルで楽しく感じる。野生の動物のことがよく分るが、少し長いので、小さな子には不向きかも。

  • とらのこどもとひょうのこどもが出会ってふたりでしましまとぽちぽちをつかまえようとするはなし

  • 絵は素敵
    内容は 普通

  • ジャングルの洞穴の中で、しましまとらの赤ちゃんが目を覚ます。
    お腹が空いたのでしましまの獲物を探しに出掛ける。
    一方、また別の洞穴の中では、ぽちぽちひょうの赤ちゃんが同じく目を覚まし、ぽちぽちの獲物を求めて外へ出る。
    2匹はと途中で出会い、しましまを見つけたらとらに、ぽちぽちを見つけたらひょうにあげることにする。
    でも、しましまの花もぽちぽちの花も、しましまの虫も、ぽちぽちの虫もおいしくない。
    サルには石を投げられるし、ちょうちょには逃げられるし。
    川に鹿が来ていたので様子をうかがっていると、何やら怖い生き物が近づいてきた気配がする…。
    ドキドキしていると、それはそれぞれのお母さんだった。
    2匹は家へ帰り、しましまぽちぽちじゃないけれど、お母さんのミルクを飲んで、しましまとらの子守唄、ぽちぽちひょうの子守唄を聞いておにいちゃんやおねえちゃんと一緒に眠るのだった。

    巻末にはしましまとらの子守唄、ぽちぽちひょうの子守唄の歌詞が付いている。

    ひょうの模様を「ぽちぽち」と表しているのがかわいらしい。

    楽しい冒険だったけれど獲物はなし。

  • タイトルが何てったってツボでしょ!表紙ももちろん中の絵も元気があって良いよ。ストーリーはありがちだけど…。でも好き♪

  • しましまはトラ。ヒョウは水玉ではなくぽちぽちと表現したタイトル。原題はなんていうのだろう?
    その特徴的な模様をテーマにふたりがそれぞれ、自分と同じ模様のものを探します。
    模様だけにデザインが美しい!3色かな。毛色の黄色、自然の青(かけあわせの緑)そして模様の黒。少ない色数で表現されています。飾っておきたいような一冊。とくにたくさんの動物がいる見返しが好き。

  • 虎と豹の子どもが、ご飯を探しにいく絵本。

    色がきれいだし、しなやかな線が素敵な1冊。

  • タイトルと絵が好き…かなり。
    話もしましまとぽちぽちが無邪気なこどもそのもので、安心して読めます。

全8件中 1 - 8件を表示

ダーロフ・イプカーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高畠 那生
蜂飼 耳
やぎ たみこ
バーバラ・マクリ...
あおき ひろえ
マック バーネッ...
フローレンス ス...
いまい あやの
ジョン・クラッセ...
ユージーン トリ...
エミリー グラヴ...
加藤 休ミ
キャンデス フレ...
やぎ たみこ
トミー=アンゲラ...
みやこし あきこ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする