キリンのセラフィナ

制作 : Laurent de Brunhoff  石津 ちひろ 
  • BL出版
3.20
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 30
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776406983

作品紹介・あらすじ

あしたは、だいすきなおばあちゃんのたんじょうび。セラフィナは、ともだちといっしょに、おいわいのケーキをやこうとけいかくします。ところが、くるまがどろにはまったり、ともだちがけがをしたり、つぎつぎとアクシデントにみまわれて…!ケーキはたんじょうかいにまにあうのでしょうか?「ぞうのババール」シリーズの作家が描く、最高にコミカルで心あたたまるお話。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み製本した、ユニバーサルデザイン絵本の貸出をしています。
    ・ 状況が「読みたい」になっている本は、貸し出しできます。
    ・「いま読んでる」になっている本は、貸し出し中です。
    貸出方法については、ユニリーフのHP  http://unileaf.org/  をご覧下さい。

  • キリンのセラフィナがおばあちゃんの誕生日をお祝いすることに。
    友達のうさぎのパトリックを呼びに行くと、うさぎ穴の入口につっかえってしまい、パトリックが友達のカンガルーのユゴーを呼びに行き、引っ張ってなんとか脱出。
    カエルのブリルやワニのエルネストとも出会い、おばあちゃんのためにケーキを作ろうと買い物に行く途中で、泥に嵌ってしまってなんとか抜け出したり、物見台に登って周りを見ていたらブリルが落ちてしまったり。
    最後は、ケーキがすっかり焦げてしまったのでおばさんが用意してくれたケーキを食べて、みんなでおばあちゃんにプレゼント。

    おばあちゃんの誕生日をお祝いするまでのドタバタ。

    目に飛び込んでいるようなはっきりとした色合い。

全2件中 1 - 2件を表示

ロラン・ドブリュノフの作品

ツイートする