チーターじまんのてんてんは

著者 :
  • ビーエル出版
4.32
  • (18)
  • (18)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 270
感想 : 14
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776410010

作品紹介・あらすじ

「ハーックション!」
くしゃみといっしょにとびだしていった
チーターじまんのてんてんは、
かぜにふかれて
どうぶつから どうぶつへと、
ひらひら ひらひら。

「あのー、くしゃみ できますか?」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読み始め:7歳

    小学1年生の息子が図書館で借りた本。
    まさかチーターのてんてん模様が飛んでいってしまうなんて!
    衝撃の展開に、子どもと大笑いしました。
    しかも、飛んで行ったてんてんは、他の動物にくっついてしまう。
    さあ、チーターはてんてんを取り戻せるのか?

  • 意表を突く展開に2年生と年中さんの娘たちは大喜び。
    とってもいい反応してくれました

  • くしゃみをしたチーター。
    その時、自慢の点々模様が飛び出した。
    いったいその点々たちはどうなってしまうのか⁈取り戻せるのか⁈

  • 笑った

  • さいごチーターにぜんぶ黒いてんてんがかかるかと思ったら、いわにかかっちゃってびっくりした。

  • 家族の3人が3人とも、思ってたのと違ったっていうコメント。だけど、みんな気に入って、しらずと手に取って読んでしまう。くしゃみのところが、みんな読み方違うんじゃないっていうのもツボ!

  • ちょっとぶつぶつ苦手な人は閲覧注意かも…?
    二人ほどうわぁ…って眉をひそめられました笑

    発想がおもしろい。くしゃみが出るようにぞうのはなをくすぐってるチーターがかわいい。

    かと思えば、広い草原をいきおいよく走ってる。
    リアルな感じとかわいらしい感じが絶妙。

    岩にてんてんがついたときのこちらを向くチーターの顔がなんともいえない、いい表情でした。笑

    くしゃみが出そうな寒い季節にまた読みたいと思います。

  • 動きのない石で困るというのは「ロバのシルベスター」と似ている。

  • おもしろい!園児〜低学年向けかな?
    文が短いのにうまく落ちがついている

  • どうなるかと思ったけど、最後まで面白かった!

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1987年生まれ。神戸市在住。保育士として子どもと関わりながら、神戸にあるギャラリーVie「絵話塾」に通い、絵本作家を目指す。その後も三重県四日市市の児童書専門店メリーゴーランドが主催する「絵本塾」や、絵本ワークショップ「チャブックス」に参加。動物の特性の面白さに惹かれ、動物の絵を中心に描いている。『チーターじまんのてんてんは』が絵本デビュー作。

「2023年 『のせてくださいな』 で使われていた紹介文から引用しています。」

みやけゆまの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×