曇り時々ラテ (エメラルドコミックス ロマンスコミックス)

著者 :
  • 宙出版
4.20
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776735410

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 原作よりロマンス度高。脇役が濃くて楽しい

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

本名・山谷多満。明治32年(1899年)1月、東京の本郷生まれ。18歳で橋本豊次郎との結婚、大阪に移った後、大正9年には小倉市中原に夫が新築した櫓山荘に移住。櫓山荘は文化人のサロンとして開放され、22年に高浜虚子を迎えての句会を開催、これを機に杉田久女から俳句の手ほどきを受ける。29年に大阪に転居、山口誓子に師事する。48年、誓子主宰「天狼」に参加、同年榎本冬一郎と「七曜」を創刊、戦後の代表的俳人として活躍した。句集に『海燕』『信濃』『紅絲』『海彦』『命終』がある。

「2018年 『橋本多佳子全句集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

橋本多佳子の作品

曇り時々ラテ (エメラルドコミックス ロマンスコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする