海賊王子の虜囚 (CITRUS NOVELS KISSと海賊 1)

制作 : 榎本 
  • 宙出版 (2007年9月26日発売)
3.71
  • (6)
  • (7)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :61
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776793823

作品紹介・あらすじ

"花の王国"アディー・アイラの第七王子-美貌のルビーローズは、自国の崩壊に加担した"海賊王国"マリーナの、紅い瞳の王子アリへの報奨として、その身を奪われることとなった。奴隷としての印をつけられ、アリの国に連れ帰られる船の中で凌辱されたルビーローズは、屈辱とは裏腹にはじめて悦楽を知るのだったが…。

海賊王子の虜囚 (CITRUS NOVELS KISSと海賊 1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 主人公がかわいそうな目にあうのがすきなひとにおすすめしたい笑。GENEもなかなかやけどこっちもなかなか笑。

  • 大国に滅ぼされた国の王子が、報奨として海賊王子の奴隷にされるというお話。
    この気位高くてちっとも懐かない猫みたいな受を、徹底的なまでに陵辱し尽くす攻の構図がたまりません。
    これでもかという程、攻が受に酷い仕打ちをするんですが、ここまで徹底的に受を辱めても、意地でも屈しない受が最高でした。

    お決まりの媚薬や人目のある場所でのプレイなんかで、身体は言うことを聞かされてしまう~な展開ですが、それすら美味しい。
    傍若無人で高慢な攻と、威嚇しまくりな猫みたいな受が、一体どうやって恋愛していくのか楽しみな1巻目。

    未来設定なファンタジーで、最初は世界観と独特な言い回しになじめませんでしたが、よく練り込まれたお話なので途中からぐんぐん惹き込まれます。
    イラストについてはカラーとモノクロのギャップがちょっと……な感じなのが残念。

  • 読みにくかった(T_T)のでまだ途中〜

  • 絵は昔の方が好きだったんですけど内容は変わっていないのでよかったですvvこれの脇役の話とか出ないんですかね。ゴルチアのはなしとか。

  • 中々面白かった。受のぶっこわれていく感じが好みでした。

  • あんまり頭に入ってこなかった・・・んだけど・・・読みました。

全7件中 1 - 7件を表示

五百香ノエルの作品

海賊王子の虜囚 (CITRUS NOVELS KISSと海賊 1)はこんなマンガです

ツイートする