愛の嵐 (CITRUS NOVELS KISSと海賊 3)

制作 : 榎本 
  • 宙出版
4.00
  • (5)
  • (8)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776793908

作品紹介・あらすじ

後宮を抜け出し行方不明のルビーローズを捜し当て、追いつめた海賊王子アリ。逃げるルビー。ついにその腕の中にルビーを取り戻したアリは、はじめてルビーローズと心を通い合わせ、体をつなぐ。しかし、幸福で濃厚な一夜を過ごした翌朝、ルビーローズは眠るアリをひとり残し、みずから叛乱の渦に身を投じてゆくのだった。愛する男、アリの国を守るために-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 冒頭から攻と受のおっかけっこです。
    漸く受を見つけ出した攻が必死に受を捕まえようとするんですが、怯えた猫のように逃げ回る受に、ついにあの天上天下唯我独尊な攻が折れて懇願します。

    このシーンにスカーッッとします、攻に対して。

    そっからはもうどっっぷり甘々なBLお約束の桃色展開。
    プライドの壁が瓦解して、攻に対して自分の本当の気持ちを吐露する受にもきゅんきゅんしてたまりません。
    ただ「いい子ちゃん」だの「可愛い子ちゃん」だのオッサンみたいな歯が浮くセリフの連発に苦笑……。

    で、普通のBLはそこで円満に適当に物語をしめてメデタシメデタシなんですが、たった僅かな逢瀬を終えて受は、攻のために反乱の渦に身を投じてゆくとかね。
    なんだかもうね、1巻目の我儘で気位高いお坊ちゃま王子さまが、この成長ぶり。
    炎を背に敵に攻め込んでいく受、おとこらしい!

  • ルビーローズに対するアリのしゃべり方がとても気になって、あまりにもおっさん臭くて興ざめだ。

  • ルビーローズがアリに自分の心情を吐露するシーンが好き。<br>
    このあとどうなるんだろうなー、と思わせていい。

  • 10月30日購入

全4件中 1 - 4件を表示

五百香ノエルの作品

ツイートする