イルミナシオン (mellow mellow COMICS)

  • 宙出版
3.86
  • (221)
  • (253)
  • (275)
  • (17)
  • (6)
本棚登録 : 2103
レビュー : 110
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776794967

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「レンアイできねーと人間じゃねーみたいなこの風潮 最低だね」
    「世界はまるで手がかりのない雲のように おれのすぐ横を時間だけがただ通り過ぎていく」
    「世界がおれを拒絶する」
    いいねぇ。いちいち共感できるよ。
    でも実は『神の名は夜』が一番好き

  • 言葉がとても印象的

  • 前に笑えたから、買ってみたけど深刻な話だった。
    笑えるパートは好き。

  • 私のヤマシタトモコさんデビュー作。

    どの話も少し切なくて報われない感じ・・・。
    でも、おまけでかなり救われましたw
    てか私にとっておまけが本編(笑)

    中久マン…いや!中久ウーマン最高★
    ヤマシタさんの描く女の子可愛くて好き~w


    ★全1巻
     同時収録:「ラブとかいうらしい」「ばらといばらのばらばらのばらん」
            「あの人のこと」「神の名は夜」おまけ書き下ろし3篇

  • これも表題作より最後のデビュー作が素晴らしくいい。893いいねー
    おまけとのギャップも素晴らしいんだなー

  • 報われない三角関係。表題作は特に印象が強かった。丸ヤものの作品が好きです

  • 現実感のない感じ?おしゃれっぽさ?みたいなのがたまにイラっとくんだよね……あとエロもっとくれ。巻末のデビュー作?はすき!

  • もはやBLなのかこれは…という方向に走り始めている気がしなくもないですが。本編でなんともいえないせつない気持ちにさせられたあと、おまけの番外編で甘くするのはこの人の習性なんでしょうか…。

  • ヤマシタトモコさんの作品レビュー4つめです。

    全体的に暗いかなーというお話が詰まった本でした。
    4冊のレビューしてみて、描かれる男性がわりとゲイ×ノンケが多い作者さんの気がします。(もちろんそうではない設定もたくさんあるけど、読んだ4冊を総評したら、おおいカプでした)

    「イルミナシオン」はノンケなのに幼馴染の男(女たらし)が好きで、居酒屋で知り合ったゲイと一夜を共にする。ノンケの主人公が壊れていく・・・というストーリー。途中途中で、ヤマシタさんらしい笑いはありますが、暗かったぁ。★2つ。

    最新作の「明楽」と比べちゃうと、なかなか評価があがりませんなぁ。

  • 中久ウーマン(^ω^)
    山下さんは女の子の使い方が本当うまい…
    中久ウーマンかっこいいなあ。

全110件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

東京都出身。5月9日生まれ。B型。
2005年アフタヌーン四季賞夏のコンテストにて、四季賞を受賞。
代表作に『BUTTER!!!』『サタニック・スイート』『運命の女の子』(講談社アフタヌーンKC)、
『Love, Hate, Love.』『HER』『ひばりの朝』(祥伝社)、
『裸で外には出られない』(集英社)、『MOSOME STING』『ドントクライ、ガール』(リブレ出版)など。

「2016年 『花井沢町公民館便り(3)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヤマシタ・トモコの作品

ツイートする