みつえ雑記サーティーズ

著者 :
  • 宙出版
3.69
  • (2)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776795438

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『週刊アスキー』連載の、漫画家・青木みつえによるエッセイ漫画。


    “母で、妻で、漫画家で。萌えと笑いとトホホな日常、みつえのみそじはこんなにオモロい!!
    コスメ道、パール萌え、園芸LOVE、宇都宮餃子旅、バレエ発表会、静岡おでん旅、光恵OL、自律神経失調症、ダイオウイカ&タコへの愛etc……”―帯より。


    コテコテの関西人の著者。
    美容、子育て等のありがちネタでも、いちいち笑えます。

    娘の入学式に、フリンジ付きでスリット入ったピンクのミニスカスーツ着てっちゃう母。校内禁酒禁煙なので、運動会の途中から学校横の公園でビール飲んでる母。ピザチーズをつまみに毎日ワインを飲む母。
    授業中に床に寝ころぶ娘。メガネッ娘でドジッ娘のイラストを描く娘。『ガラスの仮面』を42巻から読み始めて超ハマる娘。

    いやぁ、トホホだけど楽しそうな日常です。
    未読ですが、既刊があってこれはその第二弾のようです。そっちも読んでみたい。

  • いやー、おもしろかった。アスキー連載時は「どこまで絵が汚くなってしまうのか!?」と
    ハラハラしていたのだが、まとめて読むとあんまり気にならないね。
    しかしみつえちゃんとの共通点が(勝手に)多いと思っていた私ですが、冷え性だの
    ダイエットに成功だの、甘いもの好きだのガーデニング好きだのバレエ習うだの
    ぜんぜん離れていってしまった感があったのですが(だから勝手に)
    それでもおもしろい! ほんとにごくたまに、子どもについて後ろ向きなネタを
    描いてたりするのだが、なぜこの人はそれが重く感じられないのでしょう。
    昔春菊がみつえちゃんのことを天才だと言っていて、お約束の身内びいきだとばかり
    とらえていた私でしたが(失礼)、育児マンガ? に近いものを描いていても
    このしなやかさは計算してはできないなと。やっぱり「彼女にしか描けないもの」を
    描いているという点で、ある種天才なんでしょうね。
    単純におもしろい。元気になってほしいなあ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

(あおき・みつえ) 1969 年2 月生まれ。魚座。A 型。兵庫県尼崎市出身。1988 年ごろデビュー。女子ウォッチングが大好きでライフワーク。現在は、娘と夫とともに海辺の町で暮らす。『スマホで光恵ちゃん』を電子書籍で大好評配信中! 著書に『中学なんていらない。』『洋服を9枚に減らしてみた 服の賞味期限、見直し大作戦』『9年めの未病生活 不調な私のセルフメンテ術』(いずれも小社刊)ほか多数。

「2017年 『不登校の17歳。 出席日数ギリギリ日記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青木光恵の作品

ツイートする