伯爵の情熱は海をこえて(オーロラブックス)

制作 : 文月なな 
  • 宙出版
3.53
  • (4)
  • (3)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (435ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776795469

作品紹介・あらすじ

1880年ロンドン。社交界は、アメリカからやって来た新サクシー伯爵の噂で持ちきりだった。恐ろしくハンサムで大金持ち、野蛮人そのもののカウボーイ。レディ・ブライスをはじめとする結婚前の令嬢たちは、彼の情報を求めて、10年前までテキサスに住んでいたレイヴンリー伯爵家のローレンのもとに押しかけてきた。ちょうどそのとき、話題の主、新伯爵トマス・ウォーナーは恩人であるレイヴンリー伯爵を訪ねてきた。ローレンとトム、ふたりはかつてテキサスで愛を誓った仲だった。10年前、ローレンの母の再婚によって、大西洋を隔てて離れ離れとなった幼い恋。今はただテキサスにもどることだけを夢見るローレンと、爵位を得たゆえにイギリスにとどまるしかないトム。大人になったふたりのあいだに、甘く切ない恋の時間がふたたび流れはじめた…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ずっとお互いを想い続けるヒーロー・ヒロインともに素敵ではあったんだけれども。
    個人的に、ヒロイン母がどうにも許せなくて。
    私なら絶対に、許さない。
    高評価はつけられないな。
    でも、ラストはもう涙なくしては読めないほど。
    ヒーロー、素敵だった。

  • ヒロイン12才 ヒーロー15才で出会う その後、10年後再会 ヒロイン毒母が鬼門 
    ヒーローのヒロインへの熱い思いが胸にくる これぞ、王道ロマだな

  • 前半は、今度はいけそう!と思ったけど、半分過ぎくらいから斜め読みしかできなくなった。
    ロレイン・ヒースはヤングアダルトの方が面白いのかも(パラノーマルは読んだことがないので除外)。

    キャラクターが薄くて、あまりストーリー性がなくてつまらない(その割にラブシーンが多い)と思った翻訳ロマンスは、だいたいAvonだったりするなあ。

    さて、Always to Rememberは原書にしようか翻訳にしようか…。
    関係ないけど、古書でゲットした原書は著者のサイン入りだった。

  • 初恋の人を想いい続けるヒーローのトムは、最高~!

全5件中 1 - 5件を表示

伯爵の情熱は海をこえて(オーロラブックス)のその他の作品

ロレイン・ヒースの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする