ひらきかた 何があっても大丈夫な私にな

著者 : 蝶々
  • 宙出版 (2010年11月23日発売)
3.79
  • (19)
  • (22)
  • (14)
  • (6)
  • (2)
  • 本棚登録 :181
  • レビュー :28
  • Amazon.co.jp ・マンガ (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776795742

ひらきかた 何があっても大丈夫な私になの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分を心地よくさせておくとか季節の行事を大切にするとか自分のことばかりだけでなく男や周りのことを立てるとか参考になることがたくさんありました。
    でもスピリチュアル発言があるとつい宗教じみて感じられて違和感がありました。

    でもサッと読めるし暇なときとか落ち込んでる時なんかいいかもしれません。

  • ハッピーになるためのことが書いてあってとても勉強になりました。

  • 漠然と不安になり、心許なく感じたときの手引書のよう。
    たいへん参考になる。蝶々さんのように懐の大きい女性
    に「心配しなくていい」と言ってもらうと。
    それに「女であること」に回帰させてくれる。安心する。

  • とっても読みやすい。
    ひらくと、すべてがうまく回る。
    自分を肯定してまわりにまどわされず
    自分の直感を信じて、自然に楽しく暮らせそうと思わせる本です。

  • ひらきかた 蝶々

    良い環境
    もちものを半分に

    清らかなものや綺麗な色のもの、気持ち良いもの、人の目にうつっても自分が身につけても楽しくなるものを身につける!そうするとだんだん、自分の目にうつる世界や空間が可愛らしく幸せになる!そしてイメージや思考もハッピーになるよ!

    パワーストーン
    水晶は浄化効果がピカイチ、本物でなくても効くくらい

    ピンク色のパワー
    ピンクって女性ホルモンの色だからそれだけで心がふわっと優しくなれる
    そういうことの積み重ねで自分の機嫌を上手に取れることも現代女性の教養
    浄化の色→白、金色、水色、
    ペパーミントグリーンなどの綺麗な色




    ひらく体
    悪いことネガティブなこと、そういった毒を持ったことを考えたり言っている人は内臓の腐っているような臭いがすることがある。












    自分の家をホテルやギャラリーみたいにすることは誰でもできるのよ
    そうすることで気の通りや生活リズムもグンとよくなる

  • 読むだけで心身デトックスになるね。握りしめた手(拘り)をどうやってひらくか。自分の中に存在している善性にチューニングする。何より「女性を楽しもう」のヒント満載。

  • 彼女はヒーラーではなく、
    ただ敏感に感じられる人(?)で、
    経験をもとに著者がどう毎日を
    過ごしているか、を書いた本。
    例えば、毎日ベッドのシーツやカバーを
    お洗濯するとか。。。

    パワーストーンのインカローズは、
    魔性を引き付けるから、
    ローズクォーツの方が良いらしい。ふ~ん。

    本の中に、生まれた日時や天候についての件があり、
    16日生まれは、そういう役割を持って生まれた人が多く
    26日もときどき。。。そういう役割って何???と
    ツッコんでしまった。

  • パワースポットとかスピリチュアル関連は全然感じないから分からないけど・・・自分らしくのんびり生きていきたいなぁと思った。

  • 毎日普通に、清潔に、規則正しく生活することが、スピ的にも意味がある大事なことなんだな~と気付く本。
    実践してても劇的に何かが変わる訳じゃないけど。
    穏やかにはなります、いろいろ♪

  • こういう本はあまり読まないんですが、著者が蝶々さんだったので気になって立ち読みしたところ、「今の私に必要な本だ」と思い購入しました。
    ガチガチなスピリチュアル本とは違うので、抵抗感なく読めます。昔だったら「そんな突飛な話・・・」と思ったであろう部分も、「この人ならあるかもなー」と考えたり。
    所々、「あれ?これって小悪魔テクの本だっけ?」となるのも蝶々さんらしい(笑)。

    全てを取り入れようとは思いませんが、できることからやってみようかなー。というのが読後の感想。
    目指せ天女系!(笑)

全28件中 1 - 10件を表示

蝶々の作品

ひらきかた 何があっても大丈夫な私になに関連する談話室の質問

ひらきかた 何があっても大丈夫な私になはこんなマンガです

ひらきかた 何があっても大丈夫な私になを本棚に登録しているひと

ツイートする