春はあけぼの 月もなう 空もなお (Next comics)

著者 :
  • 宙出版
3.76
  • (11)
  • (23)
  • (16)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :201
  • レビュー :23
  • Amazon.co.jp ・マンガ (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776796084

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 枕草子に綴られる言葉と、現代日本を生きる人々の日常を掛け合わせた実験的漫画。
    元々古文が苦手な上、現代訳なしに描かれているので半分も読まないうちに断念。なぜ購入し数年放置したのか、過去の私に聞きたい……。結局売却しました。

  • 美術の世界では、「作者が受けた印象を絵画に表したものを、印象派、と呼ぶ」と、自分は記憶している。
    枕草子の、現代の印象派というべきこの一冊。勿論、この本は漫画なのだけれど。

    現代と昔の、この作者なりのリンクを面白く読んだ。また、現代の絵柄の中に垣間見える間(余韻?奥行き?時間の流れ?)も心地よかった。

    散々言い尽くされた言葉ではあるかも知れないけれど、通読した感想としては、
    今も昔も、人間の根本はあまり変わっていないのかも知れない、と思った。

  • 今は亡き人のことを思いつつ、日記をつける。日記をつけなかった彼女と、日記をつけた彼女。日常をゆるゆると紡ぐ。

  • 帯文の「超感覚マンガ訳の枕草子」に惹かれ、絵柄も好みだったので購入。
    古典名著の類の現代語訳やあらすじ版みたいな本も出ているけれど。
    そういう作品よりも、この作品のように「今の時代を舞台にして、著者の感覚的解釈をマンガで描く」方が、面白く読めて好きだな、と思った。
    15作の超短編が収録されており、長さもまちまち、展開も色々だが、主に「日常のちょっとしたこと」を扱っていて、違和感もなく心地よかった。

  • 千年以上も前の作品がいい意味で現代風に表される。

  • ユルくてヴィヴィット。新触感。

  • よかった。どんな時代でもどんな場所でも生きている以上いつもなにかを考えてしまう人というものもそう悪くない

  • 「枕草子」の世界が、現代の日本の風景に重ねて描かれている。
    時代は違えども、感じる心が同じなのがいとをかし。

  • 枕草子の現代版、というモチーフが面白くて手にとりました。
    まんがはちょっと読みづらいけど、
    いまどき?なゆるさがあって、その空気感が印象的。

  • 枕草子マンガ現代版。定子様役が積極的で、少納言役が人見知りという設定に驚くも、心地よく、納得。通常、少納言が定子様LOVE!と暴走するのを、定子様が優しく身守るイメージがあるけれど。

全23件中 1 - 10件を表示

春はあけぼの 月もなう 空もなお (Next comics)のその他の作品

サメマチオの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする