今日のビタミン―短歌添え

著者 :
  • 本阿弥書店
3.56
  • (1)
  • (7)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776803058

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かつて月刊短歌誌「歌壇」に連載されていた食をめぐる、東直子さんの初エッセイ。随所に歌人らしい特徴が溢れている。その最たるものは季節を全身で感じ、それを食においても、また文章にも敏感に反映させていること。そして、もう1点は観察が実に細やかなことだ。それぞれの月ごとのエッセイの後に歌が付されているのだが、残念ながら私には、それがどうもしっくりとこない。例えば「クリームのやわらかく煮え午後となる ただなきたくて風を聴く」だが、この人の歌は総じて下の句で大きく転じるところに特質があるのだが、そこが分かれ目か。

  • なんか今日は何食べたいかなー、とか
    分からなくなったときに、
    ふとぱらぱらめくってると
    真似して食べたくなっちゃう。

  • 2011.02.10.

  • 色んなメニュー、食事についてのエッセイがつづられていました。
    ほのぼのとした暮らしに幸せを感じました。

  • 表現の仕方が、素敵だと思いました。

  • ほぼ日手帳の、今日のひとこと。だとか、日めくりの下の今日は何の日や、格言みたいなものを読むのが好きだ。読んではふむふむと頷いたり、にんまりしたり。まさにビタミン。心の栄養補給。日常のいろいろな出来事をエッセーにして、それを短歌に詠ってある。時には重く、時にはせつなく、その時々の心に静かにしみてくる。

全6件中 1 - 6件を表示

東直子の作品

ツイートする