空庭

著者 :
  • 本阿弥書店
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776805601

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • #黒瀬珂瀾 #短歌 母語圏外言語状態(エクソフィニー)この美しき響きには強風に立つ銀河が見える #返歌 母語圏外歌の意味などわからない大地に響く太鼓に眠る(@南アフリカ)

  • 第一歌集が好みだったので購入したが、全く作品の傾向が違い、期待外れ。

  • 理知的でありながら、人間を捨てきれない青年のポエティック。
    批評意識(外への、そして自己にへも)が相当高いおひとなのではあるまいか、と、自分には珍しく読み手へ意識が向かってしまうのでありました。
    好みだよ。

    文化系を目指す中高生の初めての短歌にもよいかも、取り敢えずサブカル・中二臭に引っ張られて、そこはウェルメイド。

  • 「空庭」の前に第一歌集の「黒耀宮」も読んだ。
    短歌からしばらく離れていたのだけど、リハビリに読むにはちょっと癖がありすぎたかも…
    わかるオタクネタはさすがって感じだけど、わからないネタはわからないままだ。例えば、彼と同世代だけど私はテレビゲームはしなかったから、ドルアーガの塔は名前しか知らないにょ。

    その後澤村斉美「夏鴉」も読んだのだけど、検索したら出てこなかった。う〜ん。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1977年、大阪府生まれ。歌人。春日井建に師事。中部短歌新人賞受賞。第一歌集『黒耀宮』で第11回ながらみ書房出版賞受賞。現在は結社「未来」に所属し、歌誌『未来』選者を務める。エッセイ『街角の歌』、歌集に『空庭』、『蓮喰ひ人の日記』がある。

黒瀬珂瀾の作品

ツイートする