歌集 夏の領域

著者 :
  • 本阿弥書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776813316

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 感想
     比喩の多い歌集である。「如き歌人」とは呼ばないが、目障りだな、と感じた。
     しかし日系3世の母親の血、東京住まい、沖縄県生活の、3つの生の共通項を感じて、また違和を感じて、作歌するのだろう。
     比喩とは「林檎のような頬」が「赤く丸い」という共通項と、しょせん違うという違和の上に、成り立つ修辞である。
     落語家となった弟はブラジル国籍なのか、「兵役辞退の手紙投函」や「いつか戦場へ行くかもしれず」と詠まれている。
     結婚、出産、育児が大きな流れの歌集である。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1974 年生まれ 千葉県出身
2013 年より沖縄県名護市在住
竹柏会「心の花」会員 佐佐木幸綱に師事
現代歌人協会会員 日本歌人クラブ会員 日本現代詩人会会員
2011 年、「マジックアワー」30 首にて第22 回歌壇賞受賞
2018 年、歌集『夏の領域』にて第24 回日本歌人クラブ新人賞および第62 回現代歌人協会賞受賞

「2021年 『白亜紀の風』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤モニカの作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×