七田式7日で挑戦!「簡単すぎる右脳速読」

著者 :
  • ゴマブックス
2.83
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777104390

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  右脳を開発すればすごいことができる!というのは分かります。
     しかし七田式速読法は、左脳型の凡人である私から見ると、超能力みたいでとてもマスターできそうにない。

  • 右脳の働きが紹介されている一冊。右脳を活性化するためのトレーニングシートがついているのはうれしい。

  • 今まで速読の本を3冊読んだが、180℃違う方法だけあって面白かった。
    右脳の機能で「光の情報」「波動情報」として読み取ることで、「本から光が出て、それがビデオみたいに見えてくる」。一種の超能力みたいなもの。
    この能力は、左脳が発達していない0〜6歳の子供が一番力が発揮できるそうです。
    大人でもトレーニングを積むと同様なことが出来るそうですが難しそう。

    ただ、どの速読本でも共通している箇所は、本を読む前に「心身をリラックス」させる。そのためには、「瞑想、呼吸、暗示」をし、β波を取り除き、α波とθ波を発生させること。
    後は、読みながらイメージをすることにより、速読の能力が上がるそうです。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

七田眞 1929年7月28日生まれ、島根県出身。米国ニューポート大学日本校・教育学部教授。教育学博士。日本文化振興会副会長。七田チャイルドアカデミー校長。しちだ・教育研究所会長。1997年、社会文化功労賞受賞、世界学術文化審議会より七田式右脳開発法を最優秀理論と認める最高功労賞を受賞。また国際学士院の世界知的財産登録協議会より、世界平和功労賞大騎士勲章を受章。2003年、知的財産の振興に尽くした功績に対し、東久邇宮記念賞を受賞。現在、七田式幼児教育を実践している教室は全国で450以上に広がり、アメリカ、韓国、台湾、シンガポール、マレーシア、タイにも七田式教育論が広がっている。著書に「奇跡の『右脳』革命」(三笠書房)、「わが子を天才児に育てる!」(KKロングセラーズ)など多数がある。

「2013年 『「魂」の人生学 学び、愛し、育てた七田眞の伝言』 で使われていた紹介文から引用しています。」

七田眞の作品

ツイートする