旅ボン~イタリア編~

  • ゴマブックス
4.02
  • (98)
  • (60)
  • (86)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 445
レビュー : 84
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777106332

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 旅ボン第1弾にして最高傑作。(今のところ)
    これ読んで旅に出たくなるわけでもないし、ましてやガイドブックとして役に立つ要素も皆無に近いけど、なーんにも考えたくないときに「ははは。この人達アホや」とあったかい飲み物でも飲みながらページをめくるのにちょうどいいゆるさ。ゆるい。実にゆるい。

  • 『ちびギャラ』の著者ボンボヤージュによるイタリア珍道記コミックエッセイ。


    “累計100万部突破の『ちびギャラ』作者、イラストレーター・ボンボヤージュが描く、初めての旅行記マンガ。自称ひきこもり作家の「初海外旅行」、ナポリタンの夢は果たしてかなうのか!?”-帯より。


    1日目:いざ、イタリアへ
    2日目:歴史だらけの街ローマ散策
    3日目:とにかくスリには気をつけろ!ナポリ&カプリ島
    4日目:ローマから花の都フィレンツェへ
    5日目:ボローニャの絵本ブックフェアに行ってみた
    6日目:フィレンツェぶらり散歩
    7日目:さよならフィレンツェこんちはヴェネツィア
    8日目:ムラーノ島の割れないガラスとゴンドラと…
    9日目:オシャレタウンミラノへ
    10日目:さよならイタリア

    著者曰く『ナポリへ行って本場のナポリタンを食べるのです』。
    …そんなベタなイタリア知識しかない著者が、出発前日にスーツケースを購入し、いのうえさん(サルのヌイグルミ)他と共にイタリアの地に…。
    『旅ボン 富士山編』が面白かったので、シリーズ第一弾を購入しました。
    ちょっとヒネた視点から見たイタリア旅行記。

    まず表紙からして絵が細かい。
    フリーハンドなのに、すんごく緻密で、ちょっと毒があるカラーイラスト。あっという間に読めます。

    卒業旅行で行ったイタリアを思い出しました。
    ミサンガ巻き強制請求するイタリア人…いたいた。
    水はガス入りとガス無し…そうそう。
    フィレンツェのドゥオーモの階段は狭くてひたすら登り続け…うんうん。
    もう一回イタリア行きたくなりました。

    でも、換気扇と間違えて非常ベル引っぱるとか、ホテルでエレベーター間違えて従業員控室入って摘み出されるとか…アクシデントありすぎ!

  • (リリース:多摩やさん)

  • ボンさんの濃厚な世界観に惚れ惚れします
    見てるとイタリアに行きたくなりました

  • 『旅ボン』シリーズ大好きです♪

    相変わらず 面白い。イラストは可愛いし、でも名所はちゃんと緻密に描かれていて、さすがだな~って思いました。(でも旅行から出版まで2年は かかりすぎなんじゃ・・・笑)

    海外旅行は 初めてという ボンさんの ヘタレっぷりが どつぼです。
    旅のガイドブックには あまり役立たないかもしれませんが、旅のドキドキ、ワクワク、トホホが いっぱい詰まってます。笑顔のミサンガ売りには 要注意!!

    そしてイタリアは とにかく 食べ物が美味しそう。
    (^¬^)ジュル...

  • 図書館。

    気楽に読めるけれど、
    好みのタイプの旅エッセイではなかった。残念。
    自分が行きたいと思っている国ではなくて
    ほかの土地ならもっと楽しめたかも。図書館に
    あったら読んでみよう。

  • マンガなのでさっくり読むことができて
    面白い。
    ちゃんと写真もある。(いのうえさんがいい味出してる)
    何よりも、著者の着眼点がおもしろくて
    大爆笑!

  • 何度も読み返したくなる本
    寝る前に読んだらお腹がすくから、ダメだとわかっていながら
    つい寝る前に読みたくなる本。

  • このシリーズは面白い!

  • 新婚旅行前に桑原さんから借りた本。
    行く前に読んで、帰ってきてからも読んだけど、行った場所とかもあって、帰ってきてから読んだ方が面白かった。「あぁ、そうこれこれ!」みたいな。そして意外と正確に書かれていたのだなぁ、と。
    ちょいウケた。

全84件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1973年岡山県倉敷市生まれのイラストレーター。主に頭の大きい動物キャラクターを描く。意味も知らずにつけたペンネームのホントの意味はフランス語で「よい旅を」だが、旅行は強制されない限り興味なし、のひきこもり体質。大阪へは遠い昔にサイン会で行ったことはあるが、観光はほぼ初めて。著書に『旅ボン』シリーズ、『大人ボン』(ともに主婦と生活社)、『ちびギャラ』シリーズなどがある。

「2017年 『旅ボン 大阪編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ボンボヤージュの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有川 浩
万城目 学
白石 昌則
ボンボヤージュ
有効な右矢印 無効な右矢印

旅ボン~イタリア編~を本棚に登録しているひと

ツイートする