ウサギとタマネギ

著者 :
  • ゴマブックス
4.28
  • (14)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777106851

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • たまちゃんの懐き具合がたまらなく可愛い…!初めてのちっちゃいコ相手に戸惑ううさぎの姿も微笑ましいです。■ある日突然やってきた、たまちゃん。たまねぎのような頭をしてるから、たまちゃん。ボクは男の子だけど、たまちゃんのママ…。

  • 可愛い。良かった。
    図書館本。

    漢字ありで、フリガナなし。コマ割りあり。
    大人の絵本?マンガ風の絵本?

  • 子ウサギの「ぼく」は、偶然「たまちゃん」(何かのヒナ:タマネギに似ていることから命名)のママをすることになってしまった。おむつを替え、ごはんを食べさせ、しつけに悩み、ちょっと育児ブルーになったりもする。でも、たまちゃんの成長が嬉しい日々なのである。
    も~、たまちゃんがかわいいっ!あかちゃんの表情そのままである。よだれをたらして眠っているところなんか、食べちゃいたいくらいなのだ。
    「ぼく」だって、こんなおかあさんこのごろいる?というくらいまめなのである。子ウサギなのに。
    絵柄は一見幼児向きだが、文章に漢字が使われており、内容的にも大人向けのように感じる。いやされる一冊である。

  • とても楽しい本でした。
    ヒヨコのタマちゃんと、子供なのに、男の子なのに、"ママ"になっちゃうウサギのボク。
    いやゆる子育て日記なのですが、これがもう! タマちゃんのひとつひとつの言葉や動きが、可愛くて仕方ありません! ママの奮闘ぶりも、けなげで応援したくなること請け合いです。
    たぶん、親になってから読めたのが良かったのだと思います。うちの子もこんなことしたなぁ・・・そうそう、こういう顔するんだよなぁ、なんて。たぶん、子供のいないときに読んでいたら、この味を理解できなかっただろうと思います。小学生ぐらいのお子さんをお持ちの親御さん、一度読まれてみてはいかがでしょうか? なんでもないことなのに、ちょっとウルウルできますよ?

  • 絵も可愛く、柔らかい気持ちになる。

    うさぎと違うものに抱きついた時、
    タマちゃんが「ママなーい」(ママじゃないって意味だと考察)っていうシーンが私のツボ。

    冬毛はもはや別人。

  • たまねぎのひよこがとてもカワイイです。
    愛らしい。癒されます。

  • 男の子で子供なうさぎが
    タマネギみたいなひよこを拾った。
    凄い可愛くて癒されて
    子供の頃のことを思い出したりします。

  • ウサギの男の子がひな鳥を育てるというお話。
    (名前はタマネギに似てるからタマちゃん)
    あったかくてほのぼのとした内容で、読んでるとほんわかした気持ちになれます。

  • ウサギの「ぼく」とたまねぎ似のヒナ「たまちゃん」のカワイイお話。読んだ後は優しい気持ちになれます。大好きな絵本。

  • 一人暮らしの子供のウサギが、卵から孵ったばかりの小鳥になつかれ、ママになる。すんげぃカワユシ。たまらん。

全12件中 1 - 10件を表示

まめこの作品

ツイートする