フクシマ3.11の真実

著者 :
  • ゴマブックス
3.14
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777115501

作品紹介・あらすじ

福島原発25キロ圏内南相馬。福島第一原発水素爆発後、150人が取り残された「大町病院」に入り命がけの救援活動をした男たちの全記録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あの時、何が起こっていたのか、そして、とっさに行動出来る凄さに心打たれました。
    一日も早い復興をお祈りしています。

  • 東日本大震災のとき東京から相馬市へ行った記録。自衛隊の人かっこいい。
    声かけて支援してくれたのは1割だったそう。
    手が回らず、病院に入院していた老人の搬送が後回しになっていた。
    被災地に合う色は黄色?

  • すごいなーとは思うものの、本にするならもう少し内容がほしいな。と思ったりも。

  • こちらも電子書籍で読んだ一冊。
    フクシマのことが少しわかったような気がします。

  • ・3/29 読了.このような戦いがいろんなところで繰り広げてたんだろうと思うと、何もできなくて残念だったと思う.いつか自分も何かの役に立ちたいと思う.復興はまだまだ続くだろうから.

全6件中 1 - 6件を表示

フクシマ3.11の真実のその他の作品

植田正太郎の作品

ツイートする