マンガ中国崩壊 (ゴマ文庫)

著者 :
  • ゴマブックス
3.13
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777150526

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ――――――――――――――――――――――――――――――
    「国内の失敗を外へ責任転嫁することも変わってないって言ってたけど 中国っていつもそうなの?」
    「中華思想である限りそうなる」
    「ならざるを得ないだろうな」135

    「内政問題で国が乱れることもありえない 最高の国は間違いを起こさないからだ」136
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    「共産主義こそ『絶対に過ちを犯さない』本家本元みたいなもんだからね」140

    「共産主義っていうのは(…)人民の中から優秀な人材を選んでコントロールしていけばいいという発想だ それですべては平等だし理想の社会を築くことができる――」
    「それって何かに似てるような……」142
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    「それは社会学者のお前が答えるべきじゃないのか?」
    「……じゃあ言おう 中国は必ず崩壊する」177
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    中国経済の問題点 ①四大国有商業銀行の不良債権問題が大きい②貿易依存度が60%を超えている③8億人いる農村部居住者の所得が低く経済需要が伸びない187
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    「四大銀行の融資先の70%は国営企業なんだが赤字であるにもかかわらず国営企業というだけで不良債権リストからはずされている」
    「ということは目に見えない不良債権がてんこもりにあるってことですか?」
    「さらに新規の貸し出しの多くは不動産事業に融資したんだ 値上がりを見込んで土地や建物に投資したのさ」
    「それって……もしかしてバブル?」190
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    「中国の経済は昔から都市部のエリートが農民を絞り上げるというパターンだ(…)その対立構造が崩れてたんだがここに来てまた復活している」196
    ――――――――――――――――――――――――――――――

  • マスコミが報道しない中国の実態の一幕をわかりやすく説明。平和ボケの日本人必読の書。

全2件中 1 - 2件を表示

波多野秀行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする