また会いたい!と思わせる、人との接し方 ※特典CD付

著者 :
  • 辰巳出版
3.05
  • (1)
  • (4)
  • (13)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 89
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777806720

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 当たり障りのない人付き合いのテクニック本。
    定期的んにこの手の本読むと出来ていることとできてないことに気づかされるな〜。
    相手の目を見て名前を読んで挨拶することを意識してみよう。

  • 日常で使える人との接し方が書かれてあります。非常に読みやすく、さらっと読めます。

  • 人との接し方として、相手に嫌な思いをさせないこと、好感をもってもらうことの大切さを説き、そうした観点からやってはいけないこと、オススメの行動が紹介されている。
    結局は相手の良いところに気づき(あるいは勝手に想定し)、相手を認め、好きになる。その根本として自分自身がハッピーでいること(ハッピーなふりからでよい)という内容には基本的に賛同する。
    ただし、100%相手を否定しないなど、自分を曲げてしまいかねないのは、自分自身に素直な態度ではないように感じる。
    全ての人から気にいられる必要はないし、全員を好きになる必要もないのだから、自分が納得する範囲で好きな人たちを広げるように思っていればいい。
    みんなが著者のオススメの行動をとるよりも、基本精神だけいただいて、それぞれのキャラに応じた言動をすればよいのだと思う。
    12-3

  • いろんな人と笑いあえる人生にしたいです。

  • 時期があれば、読みたいかな

  • CDの話し方が詐欺師っぽかった。
    本の内容は役に立ちそうなことも少しあった。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

パーソナルモチベーター。接客・営業・店舗運営コンサルタント。株式会社スマイルモチベーション代表取締役。中央大学卒業後、株式会社ナムコに入社。異例の早さで新規事業店の店長に抜擢。独特な接客法で、月間売上1億円の達成や不振店舗を次々に立て直し、カリスマ店長と呼ばれるほどに。現在は接客、営業、人材育成、人間関係のコミュニケーション問題の観点から講演やコンサルティング活動、執筆などで幅広く活躍。著作に『一対一でも、大勢でも 人前であがらずに話す技法』(大和書房)、『「なりたい自分」になる4つの方法 人生が駆け上がる話し方』(日東書院)、『自分の居場所の作り方』(フォレスト出版)、『店長の教科書』(すばる舎)、『また会いたい! と思わせる人との接し方』(辰巳出版)など多数。

「2015年 『本番に強い人は、ヤバいときほど力を抜く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森下裕道の作品

また会いたい!と思わせる、人との接し方 ※特典CD付を本棚に登録しているひと

ツイートする