人喰い映画祭 【満腹版】 ~腹八分目じゃ物足りない人のためのモンスター映画ガイド~

  • 辰巳出版
4.70
  • (7)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777807918

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これは!私の好きなジャンルの映画が300本も紹介されております。2010年発行のようですが、比較的古い作品、メジャーな作品寄りではあります。ざっくり一覧でみたとこ6割位は観た事のある作品でした。
    でも載ってない作品もたくさんあるので、それを考えたらなかなかの高打率。ムシ、動物、爬虫類、水棲生物、サメ、植物などなどジャンルわけされてるのも良い。爬虫類とサメはほとんど知ってる作品ばかり!楽しすぎる。

    あんまり関係ないけど「ガーゴイル」って先にフランス映画のほうが思い浮かんでしまいましたが、本書で紹介されてるのはモンスターのガーゴイルがでてくるもの。これも観てますな。

    ちなみにフランス映画のはヴィンセント・ギャロ、ベアトリス・ダルが出てる、セックス相手を食い殺す病気(?)の男女がでてくるスプラッタスリラー。これもある意味人喰いかと。
    食いちぎりますからねえ。

    基本的に低予算な作品が多く、なんとかキモく、怖く、グロく見せようと頑張ってるジャンルなので、映画愛のある人向けに、オススメしたい。

    ちなみに巻頭特集はトレマーズでした。トレマーズ4があったのを知らなかったー。さらにアメリカではドラマシリーズまでやってたらしい。観たいぞ!

  • 人喰い映画ファンには垂涎の一冊。名作・良作からB~Z級のトンデモ映画まで幅広く掲載しているのもポイント高し。多少至らない点もあるものの、ジャンル補正で★5

  • 『ロック・ネス』に『マンモス』『ディープ・ライジング コンクエスト』……観たことがあるタイトルが出てくるとテンション上がりますw
    しかし300本中24本しか観賞済みの作品がなかったとは。そりゃあ『ジョーズ』も『エイリアン』(1作目)も観てないし、当然といえば当然か。自分もまだまだですね。

  • 「ひとこと映画紹介」の秀逸さに思わず脱力!即日購入必須!
    ★「人喰い映画祭 ブログ」
    http://hitoqui.jugem.jp/

  • 未知なる世界を面白い文章でバシバシ見せてくれて楽しい楽しい。「そこもっと詳しく!」という所もあるけどページ数的な限界があるか。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

とみさわ昭仁(とみさわ・あきひと)1961年8月、東京都墨田区両国生まれ。ライター、ゲームプランナー、漫画原作者、古書店主。神保町で特殊古書店「マニタ書房」を営みながら、書評や映画評、酒場探訪を中心に活動するフリーライター。ゲーム、映画、古本といった分野に詳しく、「日本一ブックオフに行く男」としても知られる。著書に『底抜け!大リーグカードの世界』(2000年/彩流社)、『人喰い映画祭【満腹版】』(2010年/辰巳出版)、『人生のサバイバルを生き抜く映画の言葉』(2012年/美術出版社)など。ゲーム作品では、『メタルマックス』(1991年/データイースト)、『ポケットモンスター ルビー・サファイア』(2002年/任天堂)、『桃太郎電鉄WORLD』(2010年/ハドソン)など、数多くの大ヒット作にプランニングやシナリオで参加している。

「2016年 『無限の本棚 手放す時代の蒐集論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

とみさわ昭仁の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J.L. ボルヘ...
ジェイムズ・P・...
ピエール ルメー...
ガブリエル ガル...
ジョナサン・キャ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする