なんてったって柴犬さんのツボ (タツミムック)

著者 :
  • 辰巳出版
4.07
  • (5)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777808526

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【内容】
    お待たせしました!年に一度のお楽しみ大好評人気シリーズ『柴犬さんのツボ』最新刊の第五弾!

    自他ともに認める”柴犬マニア”のイラストレーター影山直美が、漫画と川柳で描く、スーパーマニアック柴犬ワールド『柴犬さんのツボ』。
    無関心なようで、じつはやきもちだったり、凛々しいようで、甘えん坊だったり……。
    柴犬好きが「そう、そう!そのとおり!」とニンマリうなずく柴犬さんの真実の姿が、ほのぼのとしたタッチで描かれている大人気シリーズ。
    おなじみの日本犬マガジン「Shi-Ba」にて大好評連載中の作品に加え、気合いの入った描きおろしが盛りだくさん。
    本作もあなたの「柴犬好きなツボ」をぐいっと押させていただきます。

    【感想】

  • 柴犬の、飼い主の心境4コマ。

    対談やら写真やら川柳やら。
    色々詰まっています。
    ものによっては、驚きや、納得するものもありなので
    飼っている人ならば、さらに楽しい?

    しかし柴犬目線で語られている事は…。
    飼い主にとって、ぎゃ~となるかどうか謎です。
    ダイエットは、思わずくすっと笑ってしまいましたが。

  • とにかくかわいい。
    犬を飼ってる人なら共感出来るとこ多いんやろな。
    うちには犬いないけど、犬飼いたくなった〜。
    雰囲気はくるねこの犬版て感じ?

  • うちの犬はパグだけど、
    「わかるっ」と共感しまくれました。

  • 2匹の柴犬を家族に持つ夫婦による、柴犬ラブコミックエッセイ。
    「Shi-Ba」という柴犬専門雑誌があるんですね。

    銀柴と聞いて、銀の毛の柴犬がいるのかと思いきや、シルバーエイジという意味で、老犬のことを指していました。
    そんな銀柴に日々惜しみない愛情を注ぐ夫婦の親ばかライフが、とぼけたイラストによって紹介されています。

    老犬は、いびきもおならも大きくなるけれど、それもまた可愛いという妻。
    でも夫のは嫌だというところが、愛情というかなんというか。
    夫は時代劇を観た後、必ず犬に相手役をさせるそうです。

    犬から目線でも描かれているため、そんな夫婦の客観的おかしさも味わえて、じわじわきます。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

イラストレーター。埼玉県出身、湘南在住。
柴犬との日々の暮らしを題材にしたイラストエッセイ、コミックエッセイ、4コママンガが人気を集めている。また、手ぬぐいなど、オリジナル柴犬グッズも多数制作。
著作に『柴犬さんのツボ』シリーズ(辰巳出版)、愛犬の看取りを描いて反響を呼んだ『柴犬ゴンとテツお別れのとき』(KADOKAWA)、『柴犬ゴンの病気やっつけ日記―がんと向き合った7ヵ月―』(KKベストセラーズ)、湘南の四季をつうじて料理と暮らしの楽しさを綴った『湘南いそいそ家飲み日記』(KADOKAWA)など多数。

「2017年 『愛犬と一緒に幸せになる風水入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

なんてったって柴犬さんのツボ (タツミムック)のその他の作品

影山直美の作品

ツイートする