とことん柴犬さんのツボ 素晴らしきかな犬生! (タツミムック)

著者 :
  • 辰巳出版
4.00
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777812899

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【内容】
    日本犬専門誌Shi-Ba【シーバ】の連載でおなじみ、柴犬好きの多くのファンから愛され続ける影山直美の最新刊。
    16歳を迎えて介護生活に入った愛犬ゴン、それを見守る後輩犬テツへの温かい眼差しがふんだんに盛り込まれた一冊。
    四コマ漫画やイラストによる影山式柴犬ワールドを楽しんで下さい。

    【感想】

  • 今回は、別れまで。

    4コマあり、文章あり、成長記録あり、な内容。
    投稿内容4コマも面白かったですが
    もうそんなお別れの時期に…と。

    人の名前を犬とセットで憶えているのが
    あるある…と頷いてしまいましたw

  • 我が家にも雄の柴犬がいます。「あるある!」「ウチと一緒!」といつも楽しく読んでいます。 後半、影山さんちのゴンちゃんの事が書いてありました。ゴンちゃん、とっても頑張ったね。お母さんの影山さん、本ではサラッと看病したエピソードが語られていますが、とってもとっても大変だったことでしょう。テツくんもそんな二人をそばで励まし、和ませていたんでしょうね。ゴンちゃんありがとう。影山お母さんありがとう。このシリーズを読むと 毎回自分の愛犬を可愛がってあげようと思います。とりあえず彼がなくなるときに「母ちゃんのおかげでまぁまぁの犬生だったよ~」と言って旅立ってもらえるように。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

イラストレーター。埼玉県出身、湘南在住。
柴犬との日々の暮らしを題材にしたイラストエッセイ、コミックエッセイ、4コママンガが人気を集めている。また、手ぬぐいなど、オリジナル柴犬グッズも多数制作。
著作に『柴犬さんのツボ』シリーズ(辰巳出版)、愛犬の看取りを描いて反響を呼んだ『柴犬ゴンとテツお別れのとき』(KADOKAWA)、『柴犬ゴンの病気やっつけ日記―がんと向き合った7ヵ月―』(KKベストセラーズ)、湘南の四季をつうじて料理と暮らしの楽しさを綴った『湘南いそいそ家飲み日記』(KADOKAWA)など多数。

「2017年 『愛犬と一緒に幸せになる風水入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

とことん柴犬さんのツボ 素晴らしきかな犬生! (タツミムック)のその他の作品

影山直美の作品

ツイートする