日本懐かし自販機大全 (タツミムック)

著者 :
  • 辰巳出版
3.94
  • (11)
  • (15)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 100
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (140ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777813711

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あるある。うちの地元にもあったよー。今も一部現役で稼働しているはず。おいしんだな、これがまた。

    驚いたのは同じメーカーはどこでも同じ味だと思っていたけど、違うらしく、機械のメインテナンス、洗浄から材料の仕入れ、仕込み、補充などオーナーがやっていること。メーカーでコンビニみたいにどこでも同じ味だと思っていたのでびっくり!

    昔はよく見かけて見かけると買って食べたりしました。うどん、そば、カップラーメン、ハンバーガー…などなど。親には「そんなの食べちゃダメ!」って、よく怒られたけど、おいしいから、こっそりと食べてました。今だって懐かしいからドライブして食べに行きたい!

    • 円軌道の外さん
      まっき~♪さん、たくさんのポチと
      あったかいコメントありがとうございます!

      先週、東京で久びさに大雪が降ってうちの町でも
      25セン...
      まっき~♪さん、たくさんのポチと
      あったかいコメントありがとうございます!

      先週、東京で久びさに大雪が降ってうちの町でも
      25センチほど積りました。
      僕は昼間は便利屋の仕事をやっているのですが、先週は雪かきの依頼や夜逃げの引っ越し仕事や遺体の出た部屋の掃除など、かなりバタバタと忙しくしてました。
      たくさんのポチを頂きながら、お礼が遅くなりホンマすいませんでした!
      (僕の本棚の『よるのかえりみち』と『火星ダーク・バラード』にもコメント返してるので、またヒマつぶしにでも見てみてください)

      てか、この自動販売機懐かしーっ!!(*>∀<*)

      中学の頃はみんなで夜11時頃、待ち合わせて、『夜のピクニック』ならぬ、夜のH本探しに出かけてたな~(笑)
      みんなでお金を出しあって販売機で売ってるH本を買いに行くのだけど、
      誰かの足音がするたびにビクビクして、
      結局、1時間粘ったものの何も買わずに帰ったりなんかして(笑)
      男って、ほんまバカっスね~(笑)

      あっ、あとそれも中学時代かな?
      ハンバーガーの自販機にとにかく、ハマって、毎日のように買いに行ってた記憶か…。
      (あのチープなケチャップ味がたまらんかったのです!)

      その後、僕の町の自販機は撤去されてすべて無くなったのですが、
      去年、たまたま仕事で行った高知県で
      ボロボロに錆びた大村昆のオロナミンCの看板と
      着物姿の松山容子が頬笑むボンカレーの懐かしい看板がかかったプレハブ小屋を発見!
      覗いてみると、ありました!食べものの自販機がズラリ!
      懐かしのハンバーガーの味は泣けましたね~(笑)
      もうこのハンバーガーさえあれば、
      一生おかず無しでも、ご飯三杯は食えるって感じでした(笑)

      うちの町でもまた復活してくれないかな~♪
      2018/01/29
  • 懐かし自販機の中の仕組みについては、「ああなるほど」と納得した。リレー回路で組んだものの方がIC回路で組んだものより、修理ができて長持ちというところも興味深い。なんでもかんでもハイテクにすりゃいいもんじゃないことを表している。
    妙な宿泊施設が2か所紹介されているが、かなり興味を持った。

  • 2015/2/24読了。
    昭和の匂いが好きだと、この手のレトロ自販機にも目が行くものだが、ここまで自販機好きを極めた人がいるとは思わなかった。もはや趣味として一流を成しており、本書には資料的価値すら感じる。以前、エスカレーターマニアという趣味人の存在を知ったときと同じ驚愕に打たれた。世に趣味の種は尽きまじ、だ。
    僕もかつてこんな自販機でうどんやハンバーガーを買って食べたことをおぼろげに覚えている。確か高速道路のパーキングエリアのようなところだったのではないか。昭和は遠くなりにけり、今や日常茶飯事のことだが、それがこんな局面にも表れていたかと改めて気付く。
    本書の54ページに「在り続けるということが、とてつもない意味を持つ。」との言葉があるが、何かが在り続けるためには、とりわけ機械が在り続けるためには、それを使う人とメンテナンスする人の存在が不可欠だ。昔のフィルムカメラが好きで使っている僕にはそのことがよく分かる。本書はその「人」にもスポットを当てて構成されており、単なるモノマニアの知識自慢に終わっていないところが好感が持てて、また味わい深い。

  •  自販機もいろいろあるなあと思ったのが今回の1冊。食品自販機の世界に魅せられて全国各地の食品自販機を訪ね歩き、店のオーナーにもインタビューをして「自販機の本」を出すと言う熱の入れよう。世の中には色々なことに興味を持つ人がいてその人のおかげで知らない世界をひも解くことができる。

     著者曰く、「御三家」と称している販売機は、麺類、ハンバーガー、トーストサンド。もちろんそうだが、機械が自動的に作ってくれるわけではなく、あらかじめ人間の手で麺類なら盛り付けをしてどんぶりをセットした状態でスタンバイしている。お金を入れるとお湯が注がれ、湯切りされて、汁とお湯が合わさって一丁出来上がりとなる。

     インタビューでは、「自販機の神様」と呼ばれる島根・山口に自販機のメンテナンスを行い、かつ直営の店を4件持っている田中健一さんを取り上げている。味に対するこだわり、地元の食材を使うことを心掛けているなど、下手するとそこら辺のラーメン屋やうどん屋に勝つ情熱を燃やしていることが伝わってくる。

     最近では、珍しさで週末になるとお客でいっぱいになるところもあるそうだ。マンネリ、古いと言われる時期を乗り越えると、懐かしいのレベルになり人が訪れる。じたばたしないで持続してきた人にだけ訪れる幸運だな。
     
    最後には日本全国の食品自販機が置いてある場所の一覧が掲載されている。機会があったら行って見たいなあ。

  • 哀愁とハイテクのコラボレーションこと、
    レトロ系フード販売機。

    自分が好きな懐かし自販機は富士電機株式会社の
    「富士電機めん類自動調理販売機」だ。

    ニキシー菅のカウンターが温かみを感じて好きだし、
    カウントダウンがたまらない。
    備え付けてある割り箸は普通のよりも少し短めで。

    硬貨を入れてボタンを押すだけで
    30秒ほど待てば温かいラーメンやうどん・そば、
    ハンバーガーが出てくるなんて、ちょっとした奇跡だ。

    銘板と350キロを支えることができるとは思えない華奢な足、
    まるでサラブレッドのよう。
    サラブレッドは走るために生まれてくるけど、
    この自販機は私たちに温かい食べ物を届けるために生まれてきた。

    そもそも会社が深夜に働く従業員の厚生設備として
    開発されたのものだったのか。
    へぇー。知らなかった。ずっと商業用だと思ってた。

    何故機械なのに温かみを感じるのか。
    自販機なのに郷愁感が漂うんだろうか。

  • PP丼の使い回しがショック。使用後数日経ってから手洗いされる。冒頭から読み進めるうちにどこかで販売機を見かけたら食べて見たいと思っていたのが一気に冷めた。超絶に汚い販売機で売られている弁当など衛生的にも問題あり。

  • 2017/6/27読了

    こういうガイド本は好きだし、行ってみたい!と思っちゃう。
    長沢ガーデンが特集されているけれど、近くに住んでいるからあまり気づいていないものの、聖地のようになっているのも納得がいく。
    いろんな自販機、商品、ネオンがあり
    昭和という時代が、確かにそこにあったんだなぁと知る。
    良い本です

  • なかなか見かけることはないけど、残していきたい文化(^^)

  • 2016/04/30
    自宅

  • トーストなんてあったのね。そば・うどんとハンバーガーは見たことが有ります。クルマ感覚なら、なんとか行ける距離にお店が有りました。

全18件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかむら るみ
西 加奈子
エラ・フランシス...
三浦 しをん
西 加奈子
佐々木 圭一
辻村 深月
大野 更紗
おかべ たかし
村田 沙耶香
三土 たつお
又吉 直樹
おかべ たかし
ウォルター・アイ...
塩田 武士
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする