空と写真の時間 (エイ文庫)

制作 : エイ出版社編集部 
  • エイ出版社
3.81
  • (8)
  • (6)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777904198

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読書録「空と写真の時間」3

    著者 藤田一咲
    出版 エイ文庫

    p16より引用
    “空には鳥のさえずりと
    朝のおみそ汁のための大根を切るマナイタの音と
    小学生が学校帰りに吹く笛の音がよく似あう”

    目次から抜粋引用
    “空のこと
     街の空
     南の島の空
     北の国の空”

     フリーカメラマンである著者による、空を
    テーマにした写真にエッセイと詩を添えた一
    冊。
     青空に浮かぶ雲から雪の夜空まで、いろい
    ろな表情の空を中心とした写真が掲載されて
    います。

     上記の引用は、うろこ雲の写真に添えられ
    た詩。
    笛の音はアマリリスでしょうか。今でもあの
    曲を習っているのでしょうか。保育所の子供
    の声がうるさいと苦情が出るような世の中で
    すが、小学生が笛の練習をしながら歩いて帰
    ることが出来るような、穏やかな世の中で
    あって欲しいものです。
     行ったことが無い地域の空ならば、写真が
    あるのはありがたいですが、空なら自分の家
    から見るのが一番いい気がします。

    ーーーーー

  • 空の写真。空への思い。
    2015/9/19

  • 旅する人は空が好き

    空をテーマにした文庫型写真集。
    空の写真と空にまつわるショットエッセイが
    交互に混ざり合い、いい作品となっている。

    写真の撮り方も、プロっぽい写真とトイカメラ風の
    アマチュアっぽい写真があり、いい意味で落ち着く。

    ところで、旅先で空を意識することは多いのはボクだけだろうか?日常生活では気づかない空を、旅先では被写体として撮る旅人も多いだろう。

    そう考えると、日常の空も、非日常を感じながら見上げれば、
    あなただけの被写体になるのかもしれない。

    そもそも、タビ、特に海外旅行に出かけるには飛行機に乗る。
    それは、島国という日本の特徴だろう。
    (もちろん、船で日本を出国する人もいるだろうが・・・)
    飛行機に乗り、いつもは感じない、空が窓のすぐ側にある。
    だから、タビをすると空を感じるのかもしれない。

    Fly on the sky!

  • 色々な空に和みます

  • 写真もいいけど中のイラストがかわいい。

  • 石垣島の風景がすぐにわかって嬉しかった。
    また行きたい。
    どこの空か、という解説が旅に行きたい気分にさせてくれる。

  • 癒されます。

    でも、なんだか月並みです。

  • 私が空を見て想うこと。
    そのすべてが書かれていた。

    同じ感覚の人なんだと思った。

  • 大好きな空を見せてくれる
    一冊です。
    眺めているだけで幸せ。

  • 癒される…orz
    空はどこまでもつながってる。
    当たり前のことを思い出させてくれる。

全11件中 1 - 10件を表示
ツイートする