ロードバイクセッティングバイブル―バイクもカラダもカッコよく! (エイムック 1311)

著者 :
  • エイ出版社
3.31
  • (0)
  • (5)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777906802

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ところどころ自己中心的なところがみられるが、参考になる内容が多く、為にたります。

  • まさにバイブル。
    自転車については「ど」がつく素人の私が
    ここまで知識を付けるにあたって、大変お世話になった本。
    困ったら開いていました。

    ちなみに、「エンゾ節」がやたらと面白い。

  • 「バイクをほめられるよりフォームをほめられるほうが嬉しい」(要旨)とは帯の言葉。
     そうなのか? そんなものなのかエンゾ!(偉そう^^;)
     (正確には「かっこいい自転車ですね」って言われるよりも、「かっこいいフォームですね」って言われたほうがずっとうれしいってことなんだナ。ワカル? です)

     ロードバイクバイブルに続くエンゾ早川さんの著書です。

     毎回この人の本からは発見があるんですが、今回はやたら「下ハンを握れ」というメッセージを感じました。「下ハン」=ドロップハンドルの下側ですね。

     あ、ここで「おれドロップハンドルじゃないから関係ないや」と思ったあなた! そうあなたです! 大丈夫です。僕もストレートハンドルのSIRRUS乗ってながら、この本は参考になると思いましたから^^;
     但し下ハンを握ることによってセッティングもフォームも筋肉の発達さえもより効率良く進む、というメッセージがあちらこちらにちりばめてありますから僕みたいにロードバイクじゃない人はそのあたりを自分の自転車に置き換えて読む必要があるかも、です。

     もう1つのキーワードは「広背筋」ですかね。
     色々な体格の人に合わせてセッティングを再調整してみせるコーナーがあるんですが、ハンドル幅を少し狭めで、ブラケットを下目につけることを推奨しています。
     ブラケットはもちろん下ハンを握ったときのブレーキレバーへの届きやすさなんですが、ハンドル幅は広背筋をより効率的に使う・鍛えるためだそうです。

     その他「ジロ・デ・箱根」やビンディングのことやら話題満載ですからぜひ手にとってみられることをお勧めします。
     絶対に損はしませんよ。

     最後に「う~んこれは~」と思う点を2つだけ。
     ご本人も「ポリシーがあるので反論無用」と書いておられますが「ヘルメットかぶらない派」だそうです。氏の影響力を考えるとこれはちょっと・・・、と思われますがあくまで「自分自身は」だそうですから我々はかぶりましょう。

     2つ目は単なるギャグですが最後の方、164ページにジロ・デ・箱根途中の氏のアップ写真が載ってます。多分アングルの問題でしょうけどその丸顔がどうも「南海キャンディーズ」のやまちゃんに見えるのは僕だけでしょうか^^;


    http://chatarow.blog90.fc2.com/blog-entry-97.html

全3件中 1 - 3件を表示

エンゾ早川の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
高千穂 遙
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする