ニッポンイチのおにぎりと漬物の本 (エイムック 1624)

  • エイ出版社
3.54
  • (3)
  • (2)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777911752

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2008年発表。


    風邪を引いて寝こんだ時、
    お袋がおにぎりを
    よく作ってくれた。

    あったかくて
    オカンの手の匂いがかすかにして、
    30年以上経った今でも
    その味を憶えています。


    リズミカルな手さばきで
    綺麗な三角に握っていく仕草を、
    熱にうなされた頭で
    ボーッと見てるのが好きだったなぁ。


    風邪で寝込んだ午後の
    あの苦しいけれども嬉しいような、
    甘い時間。


    好きな人の握ったおにぎりは
    それだけで
    ご馳走になる。


    茶碗で食べるご飯は
    すぐお腹いっぱいになるのに、
    おにぎりだと何個でもいけちゃう(笑)


    特別な材料なんて使わなくたって、
    握る人の
    『愛情』そのものが込められているから、
    じんわりと深い味わいがあって
    毎日でも食べたくなる
    この不思議。


    自分にとっておにぎりは
    心も体も弱っているとき、
    背中をさすってくれるような
    力をくれる食べ物です。


    そして郷愁を覚えるその味わいは、
    日本人のDNAに刻み込まれた
    真のソウルフードなのかもしれないですよね(*^o^*)



    本書は47都道府県別の郷土おにぎりの紹介や、アイデアレシピ、
    郷土の漬物おとり寄せ情報、
    人気料理家の浜内千波さんや有元くるみさんの
    人生最高のおにぎりとお漬物を
    思い出のエピソードとともにご紹介した読み物など、

    この手のおにぎり本の中では
    個人的に一番気に入ってます。



    醤油味のホッキ貝を刻んだものが
    沢山入った福島のおにぎり。

    タレに漬け込んで
    焼いてほぐしたブリの身が贅沢に入っている
    富山のブリおにぎり。

    抹茶と粒味噌をまぜた
    お茶処静岡の
    グリーンおにぎり。

    大阪は刻んだ穴子が散りばめられたおにぎりを
    昆布で巻いた一品。

    かにの身を炊き込んだおにぎりに
    甲羅をかぶせた
    愛媛県の川がにおにぎり。


    他に雑穀米のおにぎりや梅味噌の大葉のおにぎりなど、
    とにかく種類が多く
    美味そうな写真の数々に
    日本人なら
    ヨダレたらたらになること間違いなし!!(*^o^*)


    しかも買ってもほとんど作らず
    本棚に眠っちゃうレシピ本と違って、
    簡単に作れるおにぎりだけに
    ホンマ重宝するし、
    お弁当作りも楽しくなります(^O^)


    ただ漬け物ページは少ないので
    漬け物目当ての人には物足りないだろうけど、

    おにぎりが好きなら
    文句なしにオススメしま〜す(^_^)v

    • 円軌道の外さん

      さっすが、ハイカラさん(^O^)

      食いしん坊体質
      シンクロしてるし(笑)


      そうやなぁ〜
      普通サイズのコンビニのお...

      さっすが、ハイカラさん(^O^)

      食いしん坊体質
      シンクロしてるし(笑)


      そうやなぁ〜
      普通サイズのコンビニのおにぎりなら
      10個くらいペロリやで〜(笑)(^_^)v

      友達と花見する時なんかは
      毎回それくらいは食べてたし、
      プラス酒呑んで
      唐揚げや焼きそば食って
      裸踊りしてたからなぁ〜♪
      ↑何のこっちゃ


      コレ、そんなんもあるの〜!?
      っていうおにぎりの具材が
      沢山出てくるから、
      試してみたくなること
      うけ合いやで〜♪


      わぁ〜スパムおむすびは
      食べたことないけど、
      絶対美味いハズやわ(笑)

      俺、若い金ない時期に
      天かすと味の素で作る
      コンビーフ丼で
      しのいでたくらいやから(笑)


      2012/06/06
  • おにぎり好きとしては見ているだけで幸せ。笑
    これでもかっていうくらい、いろんな地域のおにぎりを集めたおにぎり本。
    漬物は漬けるやり方ではなく、お取り寄せ商品が紹介されていて潔くていい。
    どれでもいいから食べたい。

  • おにぎりが好き。でもこれ見て改めて思った。塩むすびが一番!

  • 以前父から送ってきた1冊。
    なぜこれを選んで買って、送ってきたのか、
    そこがまた父らしいのだが、
    なかなかに本気でマニアック。
    でもこれを見ていると、
    おにぎりって概念は、
    結局はなんでもよくて、
    けっこう美味しくいただけるものなのかも、
    と発想の転換ができるようになった。
    要はなにを握っても、美味しく食べられるようになっているのだ、日本人は。

    ちなみに巻頭の郷土おにぎり特集だけど、
    実際どこへ行っても、ここに載ってるおにぎりには出会ったことは、
    もちろんない。

  • おにぎりレシピ満載です!お弁当に大活躍してます。

  • いくつかすぐ使えそうなのあったので、おにぎりライフを充実させたい。

全7件中 1 - 7件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
金子 信久
菊池 亜希子
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ニッポンイチのおにぎりと漬物の本 (エイムック 1624)に関連する談話室の質問

ツイートする