マタギ 矛盾なき労働と食文化

著者 :
  • エイ出版社
3.70
  • (12)
  • (25)
  • (23)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 191
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777913121

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 田中康弘さんの本が面白いので、少し借りて読んでみることにした。

    「マタギ勘定」「けぼかい」などについて知りたくって読みました。が、熊の解体のカラー写真かなり生々しい。

    読んでいて思った。もう生粋のマタギはいないのだなぁ…と、消えてゆく感じが、とても哀しい。もう20年も経つとマタギ自体、消滅してしまうだろうという事が書かれていた。

    鉱山とマタギの関係、マタギのルーツが諸説あり、そこもまた興味深い。

  • マタギとは、熊やウサギなどの野生動物を狩猟し、食すだけの人たちのことではない。山間地に暮らし、狩猟は勿論のこと、渓流ではイワナやヤマメを釣り、奥深い山に分け入りキノコや天然のマイタケ、山菜を収穫し、他の主たる仕事も担いながら生計を立てている人たちのこと。本書は、マタギの人たちに暮らしに何年にもわたって密着し、その生活、文化、生き方などを、写真も織り交ぜながら、著者ならではの視点から綴ったドキュメンタリーともいうべき1冊。

  • マタギというのは聞いたことはあったが、実際にどんな人たちなのかというのはほとんど知らなかった。鉄砲もって山に入って熊をしとめるとかその程度の知識しか無かった。

    しかし、この本を読むことによって専業のマタギというのはもうほとんどいないこと、チームを組んで狩りをすること、熊だけを狙う訳ではないこと、キノコもとることなどなどいろんなマタギの文化を知ることが出来た。

    こういう世界があるのだなぁと感じさせてくれる良著。

  • マタギの生活、というか主に猟に付いていった話、自然の恵みは素晴らしい、みたいな話ばかり。ちょっと不満だった。でも熊や兎の解体風景は普段見ることもなく、それに吸い込まれてなんとか最後まで読んでみると、山言葉や禁忌の話が出てきた。が、その部分でのアプローチに疑問があり、それだけでマタギは語れない、というものだった。学術的興味はない、一緒に山に入って楽しみたいのだ、と。たしかに本書もそういう内容。学術を勝手に期待した自分が悪いのか。
    それで、もう一回読み直せば、確かに自然の恵みをいただく暮らしの紹介。タイトルの「マタギ」だけみると誤解するかもしれないが「矛盾なき労働と食文化」は、確かに内容を語っている。

  • いまや消えつつある、秋田のマタギが伝える猟・漁・山菜採り、そしてそれらを支える鍛冶を16年間追い続け、カラー写真でリアルにレポートした一冊。血がダメな人は見てはいけない。マタギは、例え雪が腰まである季節であっても、「しのび」と呼ばれるほど静かに、道なき深い山々、ときには崖を登ったり滑り降りながら何時間も歩き続け、食料を探す。引きずられていくツキノワグマの姿はリアルであるが、それを解体する作業は「けぼかい」という祈りから始まるあたりに、山の信仰の重みを感じる。クマの捌き方も詳細に写真付きで紹介されていて、見応えがある。獲れた肉の分配は「マタギ勘定」といって、誰が撃っても均等に分配される文化があるという。これは北方の狩猟採集民族と同じである。

  • 献本PRにて当選し、著者より頂いたもの。,,「マタギ」と呼ばれる人々の生き方がリアルに書かれており、一本の映画を見ているような錯覚に陥る。都会育ちの自分にとって、もしこういう場所に生まれていたたらまた違った人生になっていたのだろう、、、、と想像してしまった。,,熊のけぼかい(解体)は圧巻。皮をはぎ、肉を切り、脂を集める様子が克明に写っている(ちょっと怖い。。),著者の言うように、普段食べている肉・魚もだれかが解体をしてくれているのだ。感謝の心を忘れずにいたい。

  • もっと難しい本だと思っていたのだけれど、思っていた以上に写真満載でとっつきやすく、あっというまに読了。現代のマタギの生のレポート。マタギの文化もまさに絶滅危惧種であるということが、わかってはいるけれど非常に残念。しかし現代の日本人にはこの文化を維持し続けることは無理ではないか...とも思う。

  • 現代に生活するマタギの狩猟について、写真入りで書かれている。
    「邂逅の森」(熊谷達也)を読んでから、マタギの生活に興味が湧き、関連書籍を調べているときに本書を見つけた。
    自分も幼少の頃に父親が仕留めた熊を食べた記憶があり、熊狩などの狩猟にはもともと興味があった。実際に狩猟をしてみようと思うほどではなく、もっぱら山歩きに興じていたので、マタギの藪漕ぎなど、ほんとにすごいもんだと思う。

  • カラー写真も豊富、皮を剥いだ獲物の写真もあるので注意

  • 作者のコメントがさらにうっとうしかったです。

全34件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1959年、長崎県佐世保市生まれ。島根大学農学部林学科、日本写真学園を経てフリーランスのカメラマンに。阿仁マタギとの長い付き合いをベースに「マタギ自然塾」を2004年から開催。林野庁、トヨタ環境助成、日本財団の事業を実施。西オーストラリアと犬をこよなく愛する虚弱体質中年。著書に「マタギ 矛盾なき労働と食生活」「女猟師」「マタギとは山の恵みをいただく者なり」(いずれもエイ出版社より)「山怪」(山と渓谷社)

「2015年 『猟師が教える シカ・イノシシ利用大全』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マタギ 矛盾なき労働と食文化のその他の作品

田中康弘の作品

マタギ 矛盾なき労働と食文化を本棚に登録しているひと

ツイートする