ハワイブック

  • エイ出版社
4.08
  • (19)
  • (20)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 176
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777913534

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 織江さんの写真は、どうしてこんなにもドキドキするんだろう

  • ハワイ島とオアフ島。2つの島に別けて書かれていました。
    まだ、ハワイに行ったことがないので、味も、景色での感動も、よく分からないですが、本は普通でした。「あー、ここに行ってみたいなぁ。」ってところは、ありましたけど。

  • どうしてこんなに、かわいいの

  • Aloha Bookに続いて、こちらもとにかく写真がきれい。
    オアフ島とはまた違うハワイ島のゆったり感が感じられます。
    この本を片手にハワイ島に行ったので、この本は旅のアルバムの一部。たまに見返しながら、当時の旅を振り返っています。

  • 写真が綺麗で、ハワイの雰囲気が感じられます。
    写真についている文章もしっかり読み応えがあって、ガイドというよりはハワイエッセイのようなものが読みたい人にお勧め。
    kimura lauhara shopのページが特に好きです。

  • 写真がとっても素敵!
    見ているだけでハワイのゆったりとした時間が感じられる。

  • ハワイ島にいったことがなくても行った気分になりました。
    文章も写真も素敵。。

  • 綺麗な写真。
    ハワイに行きたい。

  • 2009年5月購入

    市橋織江さんが写真を担当しています。
    市橋さんの透明感のある写真が好きです。

  • この本、雑誌のGLITTERに紹介されてあって中身が少し見れたんだけど、写真が物凄く綺麗!!!これは買っても損は絶対しないよ。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

出版社にて雑誌編集を経てフリー編集&ライターに。料理と旅を中心に執筆、編集。ユーズドのアロハシャツやmuumuuをサーフパンツやワンピースにリメイクするブランド『Aloha Tailor of Waikiki』を友人と主宰。内野亮との共著に『Go! Go! Farmers' Market』(誠文堂新光社)など多数。著書に『Aloha Print Book』(誠文堂新光社)、『鎌倉 のんで、食べる。』(朝日新聞出版社)などがある。ハイディ、マコトとは20年以上にわたる仕事仲間であり、友人。ともに家族のような存在。

「2016年 『LOCAL HAWAII』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤澤かおりの作品

ハワイブックを本棚に登録しているひと

ツイートする