旅するカメラ 4 (えい文庫 197)

著者 :
制作 : エイ出版社編集部 
  • エイ出版社
3.50
  • (5)
  • (5)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777920839

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • カメラと写真に関するエッセイの最新刊。個人的に欲しいカメラからプリント、写真賞の審査員の逸話など興味深い話題が多数。モノクロ写真も収録。カメラ、撮影、写真の知識があれば、より一層楽しめる内容だ。

  • 「プリントした写真は手元でめくっているだけだとよく分からないよ。広いテーブルとかベッドに広げて俯瞰で見るといい」「一人で自分の写真を見ていても堂々巡りするだけ。何人かで見ると自分もその中の一人として客観的になれる」「人間が見える幅(ダイナミックレンジ)と、写真で記録できる幅はまるで違う。だから見た通りになんて写らないし、まして感じたようになんて写らないってこと」

  • 「旅するカメラ」シリーズの4作目。
    写真の本ではなく、カメラ好き、それもクラシックカメラの好きな人向けの本です。
    ほのぼのとした文章が好きで、この本を読んでいると時間がゆったりと流れているような感じにさせてくれます。目につくとつい手に取りたくなり、気がつけば4冊目を購入していました。

  • 写真がよりスキになります!

  • ひたすら、愛の中に経験を積むこと。カメラとのお付き合いの仕方。
    身体の一部となるように、私もしたいな。

  • カメラいじりと写真が撮りたくなる一冊。

  • 渡部さんのエッセイを読んでいると、カメラが大好きなのがヒシヒシと伝わってきます。
    そんな思いに感化されて、久しぶりに、フィルムカメラで撮影したくなりました。
    今度の休みにでもフィルムカメラを持ち出してみようかな。

全7件中 1 - 7件を表示

渡部さとるの作品

ツイートする