ぐっとくる! 仏像 (エイムック 2829)

制作 : みうら じゅん 
  • エイ出版社
4.10
  • (9)
  • (6)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777931484

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み

  • 幼い頃から今日に至るまで、“なぜ仏像を見続けてきたのか?"。 その答えは“ぐっとくるから"だと。
    でも“仏像のどこがぐっとくるのか?"と聞かれても明確な答えはない、ぐっとくるだけ‼️そんな、みうらじゅんさんが“ぐっとくる仏像"の、“ぐっとくる写真"を選び、一冊まるまる構成レイアウトしたのが「ぐっとくる! 仏像」
    撮影者は、弊社の仏像シリーズを4年間撮り続けてきた帆足てるたかカメラマン。 本編は「如来・菩薩 その弟子たち」「天の仏像たち」「明王の仏像たち」の3部で構成されています。 優しい顔、険しい顔、アラブっている顔…多種多彩なぐっとくる仏像が一堂に介した、仏像ファン必見の一冊

  • ぐっとくるかどうかは、人によるが、ぐっとくるという定義を考えながら見ると、ぐっとくるやつが結構ある。

  • ○最近どうしてか自分でもよく分からないけど、仏像が気になり、今年はたくさんの魅力的な仏像さまを拝見する機会を得た。そうしていると、当然仏像を扱った本も気になるので、図書館でリクエストして借りてみた。
    ○仏像そのものが大いに魅力的なであるが、この本は「はじめに」で著者が述べているように、写真家の帆足てるたかさんのアングルがまたよくて、他の本とは異なり、さらに仏像さんのエネルギーというのか、パワーをより一層感じる。撮り方でこうも変わるものか!と興味深く拝見した。仏像の世界は深遠です。

  • 琵琶に似た横に構えて弾く楽器=ヴィーナ(P106)
    愛知県岡崎市滝町字山籠107  瀧山寺
    京都市 大報恩寺

  • 最高の仏像本。ぐっとくる。出かけたい。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
いとう せいこう
村田 沙耶香
みうら じゅん
みうらじゅん
村上 春樹
いとうせいこう
有効な右矢印 無効な右矢印

ぐっとくる! 仏像 (エイムック 2829)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×