人生が変わる読書術

著者 :
  • エイ出版社
3.55
  • (7)
  • (17)
  • (19)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :243
  • レビュー :23
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777934027

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本の中で「タイトルにだまされない」とあるが、皮肉にも私はこの本の「タイトル」だけを見て購入してしまった。
    雑誌のような読みやすい構成になっていて、さらっと全体を把握するにはいいようだ。
    正直これといって目新しいことはなかったが、最近、読書を怠っていた私には、よい刺激になったかなあ…と。
    これからは『本質を学ぶ』読書を取り入れていきたいと思う。

  • 今までいろいろな読書術の本を読んできたが、内容が明快で取っつきやすい。
    本嫌いにこそ読んで欲しいし、内容を実践してみてほしい良書である。

    それにしても読書術の本を様々読んでみると、学問に王道なしとは言うが、読書術には王道があるように思う。

  • 読書をして、それを自分の血肉にしたいのに全然なっている気がしなかったのでこの本を手にとってみました。
    私はこの本を読むまでは、どこか読書と勉強を別に考えていたところがあり、本はただ読めばいいと、最悪気になるところに線を引くくらいでいいと考えていました。しかし自分の血肉にしたいのであれば、その程度ではなるはずもなく、勉強するスタイルで臨まなければならなかったのだと気づかされました。
    受験の時のあの参考書のように線を引いたりして本を汚しながら読み、終わったらもう一度最初から読む。つまり復習をする。そしてダメ押しでもう一度読む。そうして自分の血肉にしていく・・・ 参考書もそうやって1冊1冊やっていたなぁと思いだしました。
    その他にもある分野の知識を深めたければその分野の本を10冊以上読む、など読書という名の勉強法を知ることができました。
    今後はこの本に書いてある読書術を使って本を読み、それによってその本が自分の血肉になってくれることを願っています。

  • 色々な読書術を複合して、噛み砕いて説明した本。
    技法は目新しいものでもないけれど、まとめとしては悪くない。

  • 読書感を網羅的に書かれていて、読書をしたいと思わせるのに十分な内容になっている。
    本の紹介も多く、載っている本を読みたくなる。

  • 久しぶりに読書法の本を読んだ。
    かなりうまく整理できていて、自分のこれからの読書の方向をかんがえやすくなった。

  • 019.12-ヨシ 300393972

  • これは素晴らしい読書術の本。特に、普段読書の習慣がない人、読書したいけど、何から始めていいかわからない人、読書のスタイルを確立していない人にオススメしたい。
    まず本書が薄く、読む気になる。一ページあたりの文字数も少なく、レイアウトもカラフルで、活字アレルギーの人でも比較的難なく読み進められそう。読書のメリット、読書の技法、オススメ本の紹介、各コンテンツのボリュームバランスが秀逸。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:019.12||Y
    資料ID:95160017

    読書習慣をつけたい人にオススメの本です。本が苦手な方は読書したくなり、本好きなかたはますます、読みたくなる一冊です。
    (生化学研究室 大塚正人先生推薦)

  • 552円ととても安い本だが

     真剣な内容が気に入った。最後の「これだけは読みたい大人の教養書カタログ」は圧巻。恥ずかしげもなく受験参考書風も投入。読書が人を育てるんだという筆者の本気度が読み取れて良い。

     古典をあらすじで読むとか名作の書き写しとかも目から鱗かも。私は実践しないけど、それもいいかなと思わせるね。

全23件中 1 - 10件を表示

吉田裕子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

人生が変わる読書術を本棚に登録しているひと

ツイートする