人生を幸せに過ごす88の習慣

著者 :
  • エイ出版社
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (88ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784777934058

作品紹介・あらすじ

不安がなくなる!心も身体も軽やかになる!!年を重ねるごとに人生はもっともっと楽しくなる!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何度も読み返している。その時々の年代が書かれていて参考になる…かな…かな。

  • 精神科医が教える! 年を重ねるごとに人生はもっとももっと楽しくなる! !
    ・多忙な30代は、充実は時を送る人生の折返し地点
    ・40代はがむしゃらに働いて、自分自身を奮い立たせる世代
    ・50代は、定年後に備えて第二の人生の準備をする
    ・組織を離れ、個人として生きていく60代
    各世代を幸せに過ごす88の習慣


    本書では、人間はライフステージごとに幸福感が変わってくると捉えています。結婚や出産というライフイベントを迎える30代は変化が大きいです。

    また40代は、とにかくがむしゃらに働く時期ですし、50代は人生で最も充実した時期を迎えます。そしていよいよ定年を迎える60代はまた大きな変化があります。

    各年代ごとでするべきことや、やりたいことが異なってくるので、「習慣」が大切になってくる、というのが本書のメッセージです。

    各年代で身につけるべき習慣が幸福と紐づくことで人生は輝き出します。

  • 仕事とか研究を軸に置いたものではない、軽い本を読みたくなった。なんとなく今後の人生を考えてみようと、平積みになっていた本の中から手に取った。前厄の年となり、自分自身の希望とか意識とは関係なく、様々な変化を迫られることを見込んでの行動かもしれない。本書には、自己啓発本3冊分くらいのメッセージが収録されている。多くの読者にとって、少なくとも数個くらいは、響くフレーズがあるだろう。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1952年山梨県生まれ。精神科医。保坂サイコオンコロジー・クリニック院長、聖路加国際病院診療教育アドバイザー。慶應義塾大学医学部卒業後、同大学精神神経科入局。米国カリフォルニア大学留学、東海大学医学部教授を経て、聖路加国際病院で精神腫瘍科を開設。2017年より現職。著書に『精神科医が教えるお金をかけない「老後の楽しみ方」』(PHP文庫)、『50歳からの人生術』(中公新書ラクレ)など著書多数。

保坂隆の作品

ツイートする