火の鳥 2 未来編 (GAMANGA BOOKS)

著者 :
  • 小学館クリエイティブ
4.60
  • (7)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778032623

作品紹介・あらすじ

人類滅亡から新人類誕生までを描くSF巨編

西暦3404年。地球は瀕死の状態で、人々は巨大なコンピュータに管理された地下都市(メガロポリス)でかろうじて生き延びていた。人間に姿を変えた無定型生物・ムーピーのタマミとともに地下都市を逃げ出した山野辺マサトは、荒野で行き倒れ、世捨て人の猿田博士に救われる。猿田博士はドームの中で、ロボットのロビタを助手に人工生命の研究を続けていた。その頃、地下都市ではコンピュータの暴走から核戦争が起きる。ロックが山野辺の冷徹な上司役を好演している。火の鳥によって永遠の命を与えられた山野辺は、人類最後の生き残りとして猿田博士の研究を引き継いで、生命を生み出そうとしたが……。人類滅亡から新たな人類が誕生するまでを描く壮大な物語。

【編集担当からのおすすめ情報】
角川書店豪華版のカラーページのほか、『COM』掲載時の二色ページを再現。全扉絵を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今世紀最高峰の少年漫画HUNTER×HUNTERがまたしても長期休載の暗雲を漂わせている昨今。
    ああ冨樫よ、いったい他に何の漫画を読めばいいんだ。

    ということで漫画の原点に立ち返ろうと思い、手塚治虫をブックオフで買いました。

    手塚治虫を読むのは初めて。
    ブラックジャックによろしくって言われてもブラックジャックによろしくを読んだこともないし、元ネタのブラックジャックも読んだことはもちろんない。

    とりあえずここはブラックジャックよりももうちょっと大人感のある(と思われる)「火の鳥」を購入。

    火の鳥の生き血を飲めば永遠の生命が得られるという。黎明編では古事記の神話をベースに火の鳥をめぐって国獲りの争いが繰り広げられる。

    おもしろいのは、永遠の生命にまるで見向きもしない人が多いこと。その方が賢明なのは、未来編まで読み進めると少しわかるような気がする。
    火の鳥はあまりにも壮大な精神世界ファンタジーだ。

    火の鳥の生き血、できれば冨樫に飲ませてやりたい。ああ冨樫よ、いいからはやく連載再開してくれ。そして宇宙生命となって、永遠にHUNTER×HUNTERを描き続けてくれればいいのに。

  • 手塚治虫ってすごいすごいと言われてるけどたしかにすごい。

  • 不思議な話ですね。渡辺典子の歌を聞きながら読んでました。

  • 予想だにしない結末に全て持っていかれてしまった。ロックのラストシーンが辛くも美しい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1928年、大阪生まれ。漫画家。戦後漫画界の巨匠にして日本TVアニメの始祖。1989年没。代表作に『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『火の鳥』『ブラック・ジャック』他多数。全400巻の個人全集を持つ。

「2018年 『いばら姫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

手塚治虫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミヒャエル・エン...
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする