火の鳥 5 復活・羽衣編 (GAMANGA BOOKS)

著者 :
  • 小学館クリエイティブ
4.44
  • (5)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778032654

作品紹介・あらすじ

ロボット・ロビタ誕生を巡る愛のドラマ

2482年。交通事故で脳に重傷を負ったレオナは、手術で一命を取り留めたが、有機物が無機物に、無機物が有機物に見えるという後遺症を負った。ある日、レオナは工場でチヒロという女性に出会う。彼女は工業用ロボットで、レオナにだけ女性に見えていたのだ。やがて、事故の真相を探るレオナは、火の鳥の羽を見つけ、すべてを思い出した。ロボット・ロビタ誕生を描く愛のドラマ。ひとつのストーリーが2482年と、3030年のロビタを巡る事件とから交互に描かれ、「火の鳥」全体と似た構成がとられる。ほかに、羽衣伝説をもとに、人形浄瑠璃のような手法で描く短編「羽衣編」と、「火の鳥」のテーマを語った掌編「休憩」を収録する。

【編集担当からのおすすめ情報】
角川書店豪華本のカラーページと『COM』連載時の二色ページを再現。全扉絵を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 火の鳥しか読んでないし、しかもまだ途中だけど、この段階で断言できる。

    手塚治虫は、「ネ申」。

    それは漫画の神様とかそんなちゃちな意味ではない。
    手塚治虫が神なのは、この世界をちゃんと神の目線で捉えているからである。

    ということで、火の鳥は全巻読破必須科目となってしまった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1928年、大阪生まれ。漫画家。戦後漫画界の巨匠にして日本TVアニメの始祖。1989年没。代表作に『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『火の鳥』『ブラック・ジャック』他多数。全400巻の個人全集を持つ。

「2018年 『いばら姫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

手塚治虫の作品

ツイートする