手塚治虫が描いた戦後NIPPON 上: 1945~1964 焦土から東京オリンピックまで (復刻名作漫画シリーズ)

著者 :
制作 : 中野晴行 
  • 小学館
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778033064

作品紹介・あらすじ

手塚作品で戦後日本70年の軌跡を一望

戦後日本が復興、そして経済大国に変貌するとの歩調を合わせるように成長してきた日本の戦後漫画の指標として、常に漫画界をリードしてきた巨匠・手塚治虫が描き続けたのは、激動の戦後社会を懸命に生きた人々や、その時代をとりまいた深刻な危機、社会状況や世相でした。根底に反差別と平和への願いを手放さず、戦後社会の現実に果敢に立ち向かった手塚作品を通して、戦後日本が得たもの、失ったもの、そして今後日本人がどう生きていくべきか、そのヒントとなる作品を精選。「1985年への出発)」「雑巾と宝石」「太平洋X点」など収録。

【編集担当からのおすすめ情報】
手塚治虫研究の第一人者、中野晴行氏が作品の描かれた時代背景を解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 漫画上の出来事で並べた手塚作品。猫が可哀想。

  • 手塚先生…ブラックジャックくらいしか読んでないなぁ。先生の作品はストーリー漫画で洗練されていてどこか優等生チック、それを嫌って刺激的なギャグ漫画やスポ根モノばかりを読み漁っていた当時の八百少年はくだらない大人になりました(泣)
    で今更ながら火の鳥もアドルフも読もうの決意の取っ掛かりがこの一冊。中身については私如きがあれこれ言うまでもない素晴らしさ、ディズニーのお株を奪うようなアニメ然とした作画のコミカルさとは裏腹に平和と反差別を掲げたメッセージは強烈でやはり日本漫画界の第一人者であることは間違いない。
    企画してくれた小学館に感謝です

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1928年、大阪生まれ。漫画家。戦後漫画界の巨匠にして日本TVアニメの始祖。1989年没。代表作に『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『火の鳥』『ブラック・ジャック』他多数。全400巻の個人全集を持つ。

「2018年 『いばら姫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

手塚治虫の作品

ツイートする