ぼくは戦争は大きらい: やなせたかしの平和への思い (小学館クリエイティブ単行本)

  • 小学館
3.88
  • (12)
  • (14)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 138
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778035082

作品紹介・あらすじ

アンパンマンの作者が見た戦争

2013年10月13日に94歳で亡くなったマンガ家で、詩人で、『アンパンマン』の作者であるやなせたかしが自らの戦争体験を綴った本。やなせは1915年の春に召集を受け、小倉の野戦銃砲部隊に入隊。召集期間満了直前の16年12月8日の開戦により、召集延期に。その後、中国戦線に派遣され、上海郊外で終戦をむかえた。やなせは自伝などの中で簡単に戦争のことを語っているが、戦争体験だけをまとめて話すのは、これが初めて。人殺しも、団体生活も嫌だったというやなせにとっての軍隊はばかばかしいだけの世界。しかし、辛い中にも何か楽しみを見出していく持ち前の性格で、戦争と軍隊を内部から風刺していく。特攻に志願した弟との別れなど、辛く悲しい思い出にも持ち前のユーモアを交えながら語る笑いと涙の戦記。嫌いな戦争のことはあまり語りたくないと考えていたやなせが、90歳を超え、戦争体験、軍隊体験を語り継ぐことで、過去の戦争のことが未来を生きる世代の記憶に少しでも残ればいい、と亡くなる直前まで語ったラストメッセージ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 終戦から68年たって、戦争を体験した人々がどんどんいなくなる中で、戦争体験者の話というのはやはり貴重で後世に語り継いでいかねばならない物だと思う。
    戦争体験者の中には悲惨な戦場を体験した人、捕虜になって死に直面した人、やなせさんのように運良く大きな戦場に行く事もなく復員した人もいるだろう。しかし、どの体験をとっても言える事は、戦争は繰り返してはいけないということ。今生きている人それぞれがちゃんと考え心に留めなければいけないと思う。無関心が一番怖い。
    やなせさんのこの本は、子供でも理解できるくらいやさしい口調で書かれており、短い文章で気軽に手にできると思うので、多くの人に読んでもらいたいです。

    ──戦争を語る人がいなくなることで、日本が戦争をしたという記憶が、だんだん忘れ去られようとしています。人間は、過去を忘れてしまうと同じ失敗を繰り返す生き物です。(「はじめに」より)

  • ふむ

  • やなせたかしさんのやさしさがどこから来ているのか、この本を読んでよくわかりました。

  • 2013年に94歳で亡くなった『アンパンマン』の作者、やなせたかし氏。彼は1915年に召集を受け、その後上海郊外で終戦を迎えています。子どもの頃から団体行動の得意ではなかった彼が召集され、親族の間では脱走してきたらどう匿うかを真剣に話し合ったというエピソードも。しかし、辛い中にも何か楽しみを見出せた彼は、軍隊の中で要領よく過ごすことができました。その一方で、海軍で特攻に志願した弟との別れもありました。その彼に捧げた詩「おとうとものがたり」は詩人谷川俊太郎に称賛されたほどだったそうです。やなせ氏は戦争の原因の一つを飢えと考え、『アンパンマン』の作品の中で、分け与えることで飢えはなくせるというメッセージを伝えようとしました。彼の戦争体験記にはユーモアの中に軍隊や戦争そのものに対する批判がこめられています。そんなラストメッセージをこの機会にどうぞ。

  • 淡々と優しい言葉で、どこか他人事のように語られる戦争の時の記憶が、緊張感がないなぁと思いつつもふとその意味や背景を考え直してみるとぞっとするような恐ろしいことだったり、そんな状況でも残っている人間らしさに救われた気がしたり…色んなことを考えさせられました。言葉が優しくて、またユーモアもあるので(「あの仕事じゃなくて良かったー」と思ったり、あの状況の中で実に人間らしい本音がポロポロ出てくる)笑ってしまうこともあるのですが、冷静に考えると全然笑えない。当たり前なんだけど。激しい戦闘の話はないし、どちらかと言うと末端で情けない、勇ましさのない話ばかりでしたが、それでもすごく心にずっしり来るものでした…

  • 登録番号:11283 分類番号:726.101ヤ

  • 私が抱えている恐怖のひとつは、自分が生きている間に第三次世界大戦が起きるのではないかということ。
    子どもの頃、祖父から戦争の話を聞かなかったことを後悔しています。聞く気になれば今も聞けるけれど、なんとなく聞きづらい。祖父も話さない気がする。
    祖母からはたまに聞くことがあり、印象に残っている話はいくつもありますが、この本を読んで「爆弾だの銃だの相手に竹槍で勝てるわけないべな」と笑っていた竹槍訓練の話を思い出しました。やなせさんは、終戦を迎えて武装解除になってからも空手の訓練をさせられたんだとか。
    滑稽や愚かと言うと亡くなった方たちに失礼かもしれないけど、戦争は悲惨であると同時にそういう面もあるのだと感じずにいられない。
    経験はしてない。でも、話を聞いただけで、私も戦争は大きらい。

  • (2015-02-15)

  • 人を殺す戦争は嫌いです。一度戦争したら、みんな嫌いになりますよ。本当の戦争を知らないから戦争をしろ、とか、戦争をしたいと考えるのです。
    なんだか、このところ世の中全体が嫌なものはみんなやっつけてしまおう、というおかしな風潮になっているような気がしてなりません。

  • あまり戦いなく退役なさったので、読むほうとしては新たな発見はないけれど、生き残った方はみなさんこのような様子だったのではないかと思った。本当に厳しい戦場の方は亡くなられており、全ては闇の中なのだろう。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1919年生まれ。 高知県出身。新聞記者、三越宣伝部のデザイナーなどを経て漫画家、詩人として活躍。1973年、絵本『あんぱんまん』を刊行。同時期に雑誌「詩とメルヘン」を創刊し、30年間編集長を務めた。主な著書に絵本『やさしいライオン』『チリンのすず』、作詞に『手のひらを太陽に』『それいけ!アンパンマン』など多数。1990年勲四等瑞宝章受賞。1995年日本漫画家協会文部大臣賞受賞。2000年日本児童文芸家協会児童文化功労賞受賞。2013年10月逝去。

「2015年 『優しいライオン やなせたかし先生からの贈り物』 で使われていた紹介文から引用しています。」

やなせたかしの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
ヴィクトール・E...
夏川 草介
佐々木 圭一
村田 沙耶香
朝井 リョウ
西 加奈子
宮下 奈都
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくは戦争は大きらい: やなせたかしの平和への思い (小学館クリエイティブ単行本)を本棚に登録しているひと

ツイートする