みんなの太陽の塔 (小学館クリエイティブビジュアル)

制作 : 平野暁臣 
  • 小学館クリエイティブ
3.71
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778036041

作品紹介・あらすじ

千里の丘にそびえ立つ、高さ70mの太陽の塔。その太陽の塔がわれわれと一緒に日常生活を送っていたら?
そんなタナカカツキの空想が絵本になった。ここに描かれる太陽の塔はけっしてスーパーマンではない。
むしろ失敗ばかりのさえない存在だ。タイトルは「みんなの太陽の塔」。そこに本書のメッセージがある。
かっこ悪くてもいいじゃないか。その方が輝けるだろ? 岡本太郎の言葉が聞こえてくる。「みんなが太陽の塔」なのだ。
プロデュースは岡本太郎記念館館長の平野暁臣。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 千里の丘にそびえ立つ、高さ70mの太陽の塔。その太陽の塔がわれわれと一緒に日常生活を送っていたら?そんなタナカカツキの空想が絵本になった。ここに描かれる太陽の塔はけっしてスーパーマンではない。むしろ失敗ばかりのさえない存在だ。タイトルは「みんなの太陽の塔」。そこに本書のメッセージがある。かっこ悪くてもいいじゃないか。その方が輝けるだろ? 岡本太郎の言葉が聞こえてくる。「みんなが太陽の塔」なのだ。(Amazon紹介より)

    「こんな太陽の塔は嫌だ」的な感じの本です。
    どうでもいい話ですが、我が家の玄関には太陽の塔が置いてあります。万博公園のお土産で買ってきました。「一家に一体、太陽の塔」でみんな幸せになれると思います。

  • エアコン故障!
    業者にきてもらった時だけ直る太陽の塔

    残念!笑

  • 立ち読み。最後の太郎さんの言葉がいい。

  • なんだか素敵な太陽の塔。

  • 太陽の塔が、痴漢に間違われたり、タクシーから出れなかったり、という、太陽の塔の形状ならではのアイディアと、こんなところに太陽の塔がいたら面白かろうというアイディアが混在していて、飽きない。

  • 想像以上に笑った。
    シチュエーションが絶妙。
    ちょっとしたセリフも絶妙。

  • 身近過ぎて、すんなり受け入れてしまいそうやわ。。。

    小学館クリエイティブのPR
    http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784778036041

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

漫画家。代表作は『バカドリル』『オッス!トン子ちゃん』『サ道』など。「コップのフチ子」の生みの親、サウナ大使等多彩な顔を持つ。

タナカカツキの作品

ツイートする