岡本藝術: 岡本太郎の仕事 1911~1996→ (小学館クリエイティブビジュアル)

著者 :
制作 : 平野暁臣 
  • 小学館クリエイティブ
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778036058

作品紹介・あらすじ

収録作品約400点、岡本太郎の集大成!

岡本太郎が残した作品を年代順に紹介する作品集です。絵画や彫刻はもちろんのこと、雑誌の表紙絵やプロダクト商品までを網羅します。収録点数はおよそ400点。貴重なパリ時代から晩年までの作品を掲載します。
作品を年代順に並べることによって、岡本太郎の作品が変遷していく様子がわかります。作品とともに、岡本太郎の言動を時代ごとに解説し、当時岡本太郎がなにを思って作品を残したのかを解き明かします。
また、扱いの大きな作品に関しては解説文をつけ、作品の理解を助けます。岡本太郎本人が解説している作品については、その解説を掲載します。
海外の読者も視野にいれ、作品名、解説文を英訳し、和文に付記します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 生命の躍動と人の描いた人工物であることの調和。意味というより強い躍動の印象を受け取るアートの軌跡。強い鼓動を感じさせるところが印象的。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

空間メディアプロデューサー/現代芸術研究所代表取締役/岡本太郎記念館館長。1959年生まれ。大阪万博で岡本太郎が創設した現代芸術研究所を主宰し、イベントやディスプレイなど“空間メディア”の領域で多彩なプロデュース活動を行う。セビリア万博日本館、リスボン万博日本館、川崎市岡本太郎美術館、六本木ヒルズアリーナ、ダボス会議ジャパンナイト、ジャナドリヤ祭日本館など、話題となった数々のプロジェクトを手がけ、岡本太郎関連では「明日の神話」再生プロジェクト、岡本太郎生誕百年事業、「太陽の塔」再生プロジェクトなどを率いる。実務者としてイベント制作に関する著作・論文を数多く著しているほか、85年つくば万博以降に開催されたすべての万博を実地調査している万博研究の第一人者でもある。

「2018年 『「太陽の塔」新発見!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平野暁臣の作品

ツイートする