国立がん研究センターのがんの本 がんの予防

制作 : 津金 昌一郎 
  • 小学館クリエイティブ
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778037123

作品紹介・あらすじ

科学的根拠に基づいた、がん予防の本

がんにならないための食べ物はある? たばこやお酒とがんの関係は? がんの予防法はどこまでわかってきたのか。世の中にあふれる「がんにならない」情報からいかに正しい情報を見極めるのか。
国立がんセンターがこれまで調査・研究した膨大なデータをもとに、科学的根拠に基づくがん予防法をくわしく解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【ガンに関する基礎的な知識を集約!!】
    ガンの現状を述べた上で、ガンを予防するためには何をすべきか具体的に書かれている本。ガンに関する本を何冊かパラ読みした中で、一番分かりやすく書かれていたので購入。

    ガンについて基本的なことを知りたい!という方にはオススメしたい。が、書かれたのが3年前なので何らかの情報更新がある可能性がある。その点は注意されたい。

    今回はガンを予防するために重要な6つのことを本書から抜粋しておく。以下に挙げられることは、おそらくガンを予防するだけでなく、健康に生活する上でも大切な要素となる。ガン云々に関わらず、是非実践していきたい。

    ・対策①:喫煙ーたばこは吸わない。他人のタバコの煙をできるだけ避ける。

    ・対策②:飲酒ー飲むなら、節度ある飲酒をする。日本酒なら1合、ビールなら大瓶1本、焼酎・泡盛なら1合の3分の2、ウイスキーやブランデーならダブル1杯、ワインなら3分の1程度。

    ・対策③:食事ー偏らずバランスよく摂取する。いくら栄養に良いからといって摂り過ぎは☓。またガンに効く特定の食品は、「確実」には分かっていないため、わざわざ大金を払って購入する必要はない。

    ・対策④:身体活動ー日常生活を活動的に過ごす。適度な運動が必要で、例えばほとんど座って仕事をしている人は、毎日合計60分程度の歩行などと共に週1回の活発な運動(30分程度のランニングなど)をするべし。

    ・対策⑤:体型ー成人期での体重を適正な範囲に維持する(太りすぎず、痩せすぎず)。痩せすぎてもガンのリスクは高まるので注意!

    ・対策⑥:感染ー肝炎ウイルス感染の有無を知り、感染している場合にはその治療措置をとる。

  • がんのリスクは生活習慣にある。本書では、がんの基礎知識からがん予防のためにすべきこと、がんになりやすい疾患と病態、部位別がんのリスク要因・予防要因など、がん予防に関する情報を網羅し詳細に解説する。

全2件中 1 - 2件を表示

国立がん研究センターのがんの本 がんの予防を本棚に登録しているひと

ツイートする