6時間でできる!2ケタ×2ケタの暗算―岩波メソッドゴースト暗算

  • 小学館
3.15
  • (3)
  • (4)
  • (7)
  • (5)
  • (1)
  • 本棚登録 :190
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778037260

作品紹介・あらすじ

ひと頃話題になった「インド式計算法」は、いろいろな方法で計算をしやすくして、2ケタ×2ケタの暗算をしようというものでした。問題ごとに用いる方法が少しずつ異なるので、便利ではある反面、少々面倒なものでした。それに対して、ただ1つの方法を少しずつ覚え、慣れていくことで、九九の知識のある子ならば6時間程度で2ケタ×2ケタの暗算ができるようになる暗算法があります。それが「岩波メソッド ゴースト暗算」です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 150

  • [墨田区図書館]

    このシリーズは本屋で知ってダメ元で調べてみたら一冊だけ墨田区図書館にあった!

  • 絶対、普通に計算したほうが早い。2ケタ×1ケタの暗算は多少早くなった気がするが、「おさかなプレート、サンドイッチ、スペースシャトル」を頭で全部思い浮かべろと言われても困る。子供は楽しめるんじゃないですか?頭の固まった大人には辛い。

  • 老化した脳を活性化するつもりで読んだ。表紙の煽りほどの驚く計算方法ではない。これなら頭の中で普通にひっさんするのとたいして変わらない。
    インド式とは別物とのこと。

  • 計算がスラスラ!

  • そろばんやった事のない私にもできました!
    1日で、途中の数字を書かなくても計算できるようになったけど、遅い。何日か練習すると、まあまあのスピードでできるようになってきました。
    小学生の息子にもやらせてみよう。

  • 新しい計算方法で面白かった。

  • 2ケタ*2ケタの掛け算を暗算で行う岩波メソッドのやり方と問題が書かれている。
    六時間でできるか分からないが、やり方はこの本書で身につく•••が意外に計算の途中経過を記憶する必要があり簡単には暗算できる方法ではない。

  • 何年か前に従事したプロジェクトにインド人さんのチームがいた。

    彼らはムンバイからやってきた菜食主義者の人たちだったけれど、優秀な人たちで、まさに世界を相手に出稼ぎをして食っている人たちだった。 メンバーの何人かは、このプロジェクトが終わったら次は北米のプロジェクトが始まると言っていた。

    それで、その時にそのインド人さんたちと仕事以外の話も色々していたのだけれど、その時の質問で印象に残っているのがこれ。

    「インドの小学生は、二桁の掛け算の暗算が出来るって聞いたけれど、本当?」

    で実際には、「99x99」ではなくて「19x19」までなのだそうだけれど、実際に出来るという答えが返ってきた。

    それで、そんなことはすっかり忘れていたのだけれど、たまたま手にとったのが本書。この本は何でも「99x99」の暗算を6時間でマスターできるということだったのだけれど、・・・・・

    実際やってみると、あぁ本当に出来るじゃん。 というのが分かる。

    もちろん、「単に俺が天才なだけ!?」と思うのは勝手なのだろうが、良い方法論があれば比較的簡単に2ケタの掛け算の暗算が出来るというは本当のようだ。

全12件中 1 - 10件を表示

岩波邦明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
村上 春樹
村上 春樹
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

6時間でできる!2ケタ×2ケタの暗算―岩波メソッドゴースト暗算はこんな本です

6時間でできる!2ケタ×2ケタの暗算―岩波メソッドゴースト暗算を本棚に登録しているひと

ツイートする