AV女優とAV男優が同居する話。 (アイプロセレクション)

著者 :
  • 小学館クリエイティブ
3.27
  • (3)
  • (6)
  • (8)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 83
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778083021

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • またかよ、とブクログで、私の拙い感想を読んでくださっている方に思われそうで気まずいが、この衝動は抑えられそうもない
    漫画読みとして、何に幸せを感じるかって、この『AV女優とAV男優が同居する話。』のような、グッと来る作品に、不意打ちに近いタイミングで書店で出逢える事だ
    何で、私、こんなイイ作品が世に出ている事に気付かなかったかなぁ。情けないっつーより、今は悔しさの方が上回ってる。多分、悔しさの熱が鎮まってきたら、自分はまだまだだった、と落ち込むんだろうが、そん時はそん時で、この作品を読み返して乗り越えよう
    大分、前に出ているので今更だと思うが、漫画好き、と公言するのであれば、この『AV女優とAV男優が同居する話。』を読んでおいてほしいな、と思うほど
    以前、他の漫画の感想でも書いた覚えがあるが、私はAVに出演している人間を卑しい、と思わない。人に夢を与える立派な仕事だ、と思う。自分の体一つで勝負し、自分磨きを怠らない一流のAV女優、AV男優には尊敬の念すら抱く
    タイトルに「AV」と入っている事で読む事に躊躇いを覚えるかも知れないが、そんなモノは読んだら呆気なく吹っ飛ぶだろう
    一言で言い表すなら、この二人のラブストーリー、一点の曇りもなくピュア
    男性向きっつーより、女性が好みそうなストーリー展開ではあるが、男の心も鷲掴みに出来るだけのパワーがある。また、仕事で己の心を殺す事が如何に辛いか、も描かれており、この点でも多くの共感を得たんだろうな、と察せた
    表題作以外の作品も質が高く、時計先生の引き出しの多さに唸らざるを得ない
    お勧めは勿論、「AV女優とAV男優が同居する話。」のシリーズで、特に描き下ろし:深夜2時の微笑みは反則だろ、と思うくらい、ガツンと来た。本気で惚れた女が自分の前から“勝手に”姿を消した。諦めるのは簡単。でも、こんなオチ方をしていて、サッパリ諦められるなら苦労はない。ここで本気以上が出せないようじゃ、男として情けなさすぎだ。結果を出した大地は、男だねぇ
    これを除いたうえでお勧めを挙げて欲しい、と言われたなら、一日一回、あなたを好きだと思わせて。<後編>だ。恋愛モノはハッピーエンドで〆て欲しい。そう思っているのは確かだが、こういうしょっぱ辛いラストも、また、恋愛だ。男は仕事をして何ぼ、そこは否定しない。けど、自分を好いてくれている女性を泣かすような仕事に何の価値がある?
    この台詞を引用に選んだのは、グサッと来たので。何故か、は自分でも分からない。けど、響いたのは事実だから誤魔化さない。無気力に生きる、確かにネガティブな印象はあるんだけど、一線を越えてしまうよりはマシな気がする。梓さんも言っている通り、人には個々のペースがあるんだから、何に本気になれるか、なれないか、は自分が決めるコト。見えない内は無理せず、とりあえず生きるだけでも十分だ。生きてりゃ、明日、何かが変わるってこともある。また、幸せだって人それぞれで、肯定されるのも一つの形だろう

  • 衝撃的なタイトルだが、実際のところは複数章に分かれたオムニバス掌編集。どれも男女の微妙な距離感が描かれており、面白いのだが、もっと見てみたいという所で終わってしまうのが勿体無い。

  • 読了。面白かった。スケベ心で買ったが、表紙と小学舘から出ていたので18禁でなく、なんとなくエロ漫画でないだろうなと思って購入したつもり。絵が良かった。上手い漫画だなと思った。ファンタジーだと思った。実際のAV女優が読んでとのように思うか興味を持った。男は良かったと感じるが、女の人の意見は厳しいかなと思った。

  • 短編集。
    どの作品もほろ苦い…。
    「兄が好きな妹と妹が怖い兄の話。」がすごく印象的。
    灯奈が意外と理解している子で好きだったけれど雅奈は行動が異常で怖かった。

  • 表題作が良かった。この二人のその後が気になる。ただ昨今の世の中だと過去にAVに出てたらSNS等でバレたりするんじゃないかなぁと心配になるよ。兄弟のと自意識過剰なのは苦手。

  • ネットで話題の一作。表題に惹かれて読んでみるもなかなか。

全8件中 1 - 8件を表示

AV女優とAV男優が同居する話。 (アイプロセレクション)のその他の作品

時計の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする