薔薇色の罪 (ショコラノベルス・ハイパー)

制作 : なるみゆった 
  • 心交社
2.83
  • (1)
  • (0)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778103880

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実業家と王子様の恋愛の話。
    大企業の総帥である実業家と妾腹でほぼ軟禁状態のかわいそうな美貌の王子様は国王の葬儀後の儀式で偶然出会う。
    2人は子どもの頃ある事情でいっしょに住んでいたのだが、10年ぶりぐらいにあったのに実業家のクリスは知らんぷり。
    なぜならクリスと王子の兄である新国王は国家ぐるみのウラン不正輸出という犯罪に加担しているからだ。
    クリスは王子を自分から遠ざけようとして懐かしさから訪ねてきた王子を強姦する。
    いやいや、王子を強姦って、ありえないから。
    自分にかかわるなって言えばいいだけだし。
    両思いになった後はエロだけだし。

    中身が薄っペラい感じで萌えどころが全然ない。
    つまらない。

  • 北欧小国の王子・シグリッドこと藤沢雪人は国王亡き後、妾腹の子という立場上つらい日々を送っていた。そんな中、兄の新王即位の儀式で、幸せだった幼少期に共に暮らした碧眼の美しい青年、ヘンネベリグループ総帥・クリスと再会する。喜びに涙する雪人だったが、そんな雪人を冷ややかに一瞥し、無理やり犯し突き放すクリス。深く傷ついた雪人だが、それでもクリスを強く求める気持ちは燃え上がるばかりで—。不器用な想いが交錯する、センシティブ・ラブ・ストーリー。

    青年実業家X小国の王子 幼なじみ&年上攻

    けなげだけど頑固なところもある雪人。
    クリスはそんな雪人が可愛くて仕方がないって感じ。

  • 北欧小国の王子・シグリッドこと藤沢雪人は国王亡き後、妾腹の子という立場上つらい日々を送っていた。そんな中、兄の新王即位の儀式で、幸せだった幼少期に共に暮らした碧眼の美しい青年、ヘンネベリグループ総帥・クリスと再会する。喜びに涙する雪人だったが、そんな雪人を冷ややかに一瞥し、無理やり犯し突き放すクリス。深く傷ついた雪人だが、それでもクリスを強く求める気持ちは燃え上がるばかりで―。不器用な想いが交錯する、センシティブ・ラブ・ストーリー。

全4件中 1 - 4件を表示

薔薇色の罪 (ショコラノベルス・ハイパー)のその他の作品

松幸かほの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする