はちみつさんかく。 (ショコラ文庫)

著者 :
制作 : 上田 規代 
  • 心交社
3.35
  • (2)
  • (11)
  • (9)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 68
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778111786

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 心のキレイな人たちの、優しいお話。疲れてて、優しい話が読みたい時にオススメかも。
    スパダリが、亡くなった姉の子を引き取って育てることになり(というかずっと勝てなかった姉にコンプレックスを持ってて、その姉に勝ちたいがための意地)、でもうまく関われず、そんな折、上司である叔父に勧められた結婚相談所で出会った男性の愛情深さ、素直さ、優しさに惹かれ、引き取った甥っ子にも情が湧いてきて……
    そういえば、甥っ子くんが運動会でハンバーグを食べて泣いちゃったの、何か伏線があるのかと思ったらそうじゃなかったんだなぁ。深読みしすぎ

  • 甥っ子を育てる時期社長×結婚相談所勤務

    甥っ子に泣きつかれたからって、受けに週一で自宅に呼ぶかなぁ。
    作品は悪くないと思うけど、このお話に感動するくらいの若さが自分にはもう無いという方が正しいかも。

  • 冷たい家庭で育ったイケメンさんと、
    引き取られた甥っ子と
    素直で温かい家庭でそだったけれど
    天涯孤独になってしまった青年の
    ほのぼのとしたお話

    キュンもピンクも少な目だけど
    心が温かくなったよ

  • 前半で長谷川には好感が持てますが後半やや物足りない感あり。それにしても長谷川ひとりっ子なのに子供の扱い上手だな。

  • ※ペーパー付
    ドラマCDになったら良さそうだなあと思いました

  • 初めて読む作家さま。家族や子供が出てくる設定好きなので、そこはすごい萌えツボで良かったけど、何かが足りないというか、あっさりしすぎかな〜??もうちょっと各過程が詳しく描かれてたら良かったかも。なんか全体的に惜しい感じでした。でも、ほんわかしてて可愛らしかったです。ツボったのが、トーマスは立体なんだぞって言った伊知地さん(笑)確かにそうだけどww

  • あまり文章うまくない。
    良くも悪くも、作文みたいな文章。
    良い意味でいうとすれば まっすぐ
    悪い意味でいうとすれば ひねりがない。
    説明的な文章とセリフが多い。
    長セリフで設定を説明されるのは読みにくいし
    特に冒頭は説明の羅列。キャンプのシーンあたりから肩の力がぬけたのか、説明的な文章が減ってきた。セックス後あたりからまた増えてきたけれど…
    たぶん、ちゃんとプロットをたてて、それにそって一生懸命書いていらっしゃるのだと思う。頑張って書いているのは伝わってくるのだけれど、もう少し自然体で!説明より空気感の描写や雰囲気などを大事に書いてみてほしい。
    文章にいやなクセがないし、話や人物の設定自体は良いと思うので、書きつづければ良くなるきがする。

    あと、作者さんは女の人あんまりすきじゃないなって印象受けた。笑

  • 子持ちBL。主人公が何故結婚相談所勤めだったのかは最終的に忘れてしまったような。いや、いいのか。子どもがいるってずるいよね。

  • 読後感は"ほっこり"。子供も可愛いし、それぞれの職場描写にも無理がなくて良い。イラストも綺麗でイメージにあってて良かった。ただ受けの経験値考えると、キスと初エッチは別々にしてもうちょい焦らしても良かったかなぁとも思う。

  • 育児BL
    エリート冷徹攻めが甥を引き取って育てることになったけど上手くいかず、甥が受けになついて、受けと甥のおかげで攻めが人間らしくなって、最後はお決まりの三人家族エンドです

    お子様はめちゃめちゃ可愛くて良かったです
    ただ、攻めが成長しすぎて前半と後半で別人と化してましたw

全11件中 1 - 10件を表示

はちみつさんかく。 (ショコラ文庫)のその他の作品

草川かおりの作品

ツイートする