王子たちの蜜宴 (ショコラ文庫)

著者 :
制作 : 麻生 ミツ晃 
  • 心交社
2.67
  • (0)
  • (2)
  • (8)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 82
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778112011

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 王道のアラブもの。
    二人の王子に愛されたちゃう学芸員の彩季。それ以外は新しい感じもない作品でした。でも、耳以外にピアスは、どういう文章を描かれても私は無理です。

  • アラブだったけど藍生さんだったw(擬似だけど双子だし3Pだし2輪挿しだしw)
    全くブレのない藍生さんが大好きだ。

  • 3P

  • とにかくエロい。3P

  • 藍生先生らしい、お約束の3Pものでした。
    オマケにアラブ。
    攻めは母親が双子の従兄弟ですが、父親は一緒(ピラール国の王)の異母兄弟でもあるという、そして生まれたのも1日違いという・・・お互いの存在がとても大事な二人の王子様。
    監禁があったり道具があったりとちょっと痛そうな感じもありましたし、ハーレムの掟は「剃毛」。
    あまり趣味じゃないなぁ。。。

    眼鏡受けじゃなかったらまず手には取らなかったけど、大好きな眼鏡受けということで☆3つとさせて頂きました。

  • お互いだけだった王子たちがちゃんと受をみるようになって、受も気持ちが向いていって… 3人でラブラブでお幸せに! ごちそうさまでした(*´д`*)

  • 兄弟王子×学芸員

    学芸員である主人公は、とある絵画の作者特定のため中東へ旅立つ。そこで迎えたのは第四王子。ディナーやスイートルームなどの歓待を受けながら、仕事をしていたところ、トラブルに巻き込まれる。そのトラブルは第四王子とその兄である三王子が仕組んだもので、主人公はハーレムへと監禁されてしまうはめに。

    待ちきれなくて、発売日前日に本屋へ突撃。
    まだ書棚に並ぶ前のワゴンから「すいません、それ買いたいんですけど」と買わせて頂きました(笑)
    藍生センセで「二人」というと、別レーベルの双子を思い出しますが、今回はアラブ!ハーレム!
    やっぱりよかった…!!
    もう私の中で「藍生レーベル」は安心して読めるものと確定してもいいかもしれない(笑)←いいすぎ

    表紙の帯をはずすと「アラッ」というイラストでしたが、中身の挿絵もハイグレードでした。
    こりゃ電車の中とかじゃ無理ですね。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

あいお・ゆう●BL作家。花丸文庫BLACK(白泉社)にて刊行の「双子」シリーズを筆頭に、著作は多岐にわたる。

「2016年 『有松恋染めノスタルジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

王子たちの蜜宴 (ショコラ文庫)のその他の作品

藍生有の作品

ツイートする