尻尾を振るな、がっつくな (ショコラ文庫)

著者 :
制作 : Ciel 
  • 心交社
2.93
  • (2)
  • (1)
  • (6)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778112134

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 犬×カフェオーナー
    両親から引き継いだ店でカフェをしている星斗は浮気ばかりする恋人と別れ、その後すぐにペットショップで一目ぼれした犬と暮らすことになる。
    とっても賢くて懐いてきて。とにかくクロが可愛くてしかたない。そんなある日クロが人間に変身して・・・
    なんかたいした事件も起きず、クロがせっせと元恋人に嫉妬して敵意剥きだしで、星斗に怒られてる。みたいな展開でどうなんでしょう・・・
    お互いグルグル考えてることは描かれてるけど、その割には犬であるということにはあんまり葛藤ないよなーという感じ。

  • 発情すると耳と尻尾が出ちゃうっていう設定がかわいい。ファンタジーとして楽しめれば、わんこ好きは攻めがかわいくて萌えると思います。ご主人様一図で命令ひとつで姿まで変えちゃうなんて従順~。と思うとホントに単なる飼い犬だわ。。

  • ケモミミもふもふな表紙ですが、あまりキャラの素材を生かしきれておらず中途半端な印象でした。
    表紙右のワンコはイラストからオレ様かと思ったんですが、ひたすら飼い主大好きわんこです。
    飼い主さんの態度もあんまりわんこに優しくない印象・・・。

  • 結局なんで変身したかは不明のまま…思い出変身とか、ファンタジーだけど、そこら辺ちゃんとしてあったらポップな作品だけではとどまらなかっただろうなぁ…という気がしました。
    でもまぁ、この作品において恋愛は運命ということ。
    いったい何が好きで…とかではなくて一目惚れ。
    う~ん…納得できない一冊でした。

  • みみしっぽはいいんだけれど、受けさんの恋愛・・・というか元彼がどーしてもどーしても嫌だったのよ。

  • 年下攻  ワンコ攻  人外 ケモミミ 犬(攻)

  • ケモ耳は好物だが、やっぱり犬は苦手だった。
    cielさんの絵にうっかり惹かれてしまったが、失敗かな。

    内容も、ただくっつく為の本文、甘々したいだけの後日談。
    事件性も無く、結局犬子はどういった存在か…とかは丸無視でした。
    ペットショップで出会って、僅かな葛藤で相手を好きになる主人公にも疑問。
    商業の本でここまで奥行が無いのは久し振りだった。

  • ケモミミ好き~な私ですが、まさかの萌えれませんでした。元彼に未練たらたらだったわりには、その後の展開が納得いかない心情変化だし、クロに対する恋心の芽生え方が...せっかくの萌え要素ケモミミも生かされてないなと感じました。
    ただ、盛ってただけにしか思えなくて世界観に浸ることなく読み終わり残念でした。

  • けも耳けも尻尾かわいい〜

  • 犬が人間に変身という設定はすごくときめいたんだけど…イラストと中身が合ってない気がする。それに、星斗とクロがくっつくの早すぎると思う。岩国が空気だよ;もうちょっと絡ませてやってよ…(^^;)

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ホワイトハートほかにて多くのBL作品を執筆。ティアラ文庫にてTL作品を刊行。

「2013年 『後宮の星詠み姫 ~天命は皇帝の手に~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊郷ルウの作品

ツイートする